Archive for 河野順一

文在寅大統領「南北平和経済の実現時は一気に日本経済に追いつく」

文在寅大統領「南北平和経済の実現時は一気に日本経済に追いつく」(中央日報日本語版)

ますます不透明になってきた。
外交は、どちらかの国が自国の立場だけ主張していたところで歩み寄りはない。
個別具体的に、過去からの経緯を検証し、
どちらの言い分が理に適っているかを、第三者にジャッジしてもらう。
まるで、裁判だ。
権利と権利がぶつかったとき、調整するのは法であり、
それでも解決できなければ裁判だ。
これまで日本は穏便に、事を済ませ過ぎていたかもしれない。
足元を見る相手は、図にのぼる。
相手の足を踏んだままで、交渉などできるわけがないだろう。
アジアの隣国の関係が極めて険悪になってきている。
中国と香港も、天安門事件の二の舞にならなければよいが…。
北朝鮮の打ち上げ花火も、誰も抑えない…
世界はどこへ向いていくのか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

埼玉の女性 エボラ検出されず

埼玉の女性 エボラ検出されず(共同通信)

とりあえず、安堵である。
世界規模で、人の行き来が頻繁になれば、
全てにおいてバリアフリーになる。
良いことも悪いことも、バリアフリーになる。
今回は、セーフでも、近い将来は、難病を共有することになる。
国に、その覚悟はできているのか。
国に、その対策はできているのか。
まさに、薄氷を踏む思いである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

萩野復帰戦3位「幸せ者だな」

萩野復帰戦3位「幸せ者だな」

金メダリストは、メンタルの保持が大変である。
一度金メダルを取ってしまうと、次は完全に自分自身との戦いだ。
勝手なんぼ、負ければなんぼの世界になる。
トップに君臨し続けることは、並大抵なメンタルではいられない。
同時に、追随する強豪に勝って当然との、国民の純粋な期待がメンタルに負荷をかける。
そうした中、一度は体調を崩したヒーローが、復活の兆しを掴んだ。
要は、自身に負荷をかけるプレッシャーの場が、
同時に楽しいものであり、自己実現の場であることに気づいてくれるといい。
トップに君臨し続けることは、誰しも重荷だ。
その上で、今、この時期に良く帰ってきてくれたことが救いだ。
国民が、皆があなたの応援団。
くれぐれも気負わず、泳ぐことを心底楽しんでほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

露 北方領土はわれわれの領土写

露 北方領土はわれわれの領土写真(時事通信)

北方領土は、ロシアの領土
竹島は、韓国の領土
竹島の上空をロシアの爆撃機が飛行すれば、
威嚇する射撃をするのは韓国。
日本は、遺憾の意を表明するだけ…
尖閣諸島は、中国の領土
くわえて、渦中の北朝鮮が、
日本海に向けてミサイルが発射されても、あくまで遺憾。
遺憾などと、言い続けてはいかん。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

7 pay終了 後進国脱却に打撃

7 pay終了 後進国脱却に打撃

この騒動は何だったのか?
最近、名が知れた企業のダメダメが注目される。
まさかの吉本興業、そして、まさかの7&Iホールディングス。
誰もが知っている企業で、どうしてこのようなことが起こるのか。
大きな企業ではあるが、経営トップの指導力もさることながら、
その部門の担当者が、職命に特化していなかったということだろう。
時流に乗っていない企業体質は、それだけで信頼を失う。
いとをうまく動かす秘訣、それは、トップの人柄なのか、
社員の愛社精神なのか、今時の社風はおよそ見当がつかない。
しかし、人として、生涯において、賞賛される仕事ができれば嬉しくないか。
生きがいとは、人に認められることも、大きな要因なのではないか?
この会社は、社員に恵まれなかったのか、トップに有能な方がいなかったのか…
いずれにしても、不正使用された方々にとっては、全く憤慨する案件である。
信頼回復は、その後の真摯な対応である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

最低賃金UP 日商は影響懸念

最低賃金UP 日商は影響懸念(読売新聞)

今年も最低賃金が発表された。
東京では、初めて1,000円を超えた。
それだけ物価が高いということだ。
大企業は良しとしても、中小零細企業の人件費は大変だ。
8月からは、食料品など値上げが予定されており、
10月からは消費税が増税される。
最低賃金が上がっても、豊かな暮らしの実感はないのではないか。
そうであるにもかかわらず、
中小零細企業は人件費の高騰で余裕を感じられない。
経済の閉塞感を覚える。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

れいわ2議員の国会内での介護費用、参院負担を決定

れいわ2議員の国会内での介護費用、参院負担を決定(朝日新聞デジタル)

国会に新しい風が吹く。
今まで光が当たっていなかったところに、スポットライトが当たった。
れいわの2議員は、障害を持つ人の光になった。
どう対応するかは、既存の国会であり、政府である。
国民が選挙で選んだ代表を、蔑ろにすることは許されない。
様々な場面で、風当たりが強いだろう。
しかし、れいわの2議員は先駆者であり、
山本代表は、大きな旗振りだ。
政治は勢いだ。
彼らは何かやってくれるかもしれない。
政界の閉塞感に、風穴を空けた。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

涙の連覇!桃田 現在も“ノーギャラ活動”継続

涙の連覇!桃田 現在も“ノーギャラ活動”継続(東スポWeb)

「人間万事塞翁が馬」である。
今、飛ぶ鳥を落とす勢いの桃田選手にも、大変な過去があった。
選手生命が危うかった場面で、百田選手は謙虚に反省し、
地道に自分ができる活動を続けていた。
そして、復帰後、活躍している今に至っても、
反省の日々に始めた善行を欠かさない。
一時はどうなることかと思ったが、
その苦行の時期が、彼をここまで強くしたのではなかろうか。
いい話だ。
今後、彼の選手生命に、驕りは封印され続けるのではないかと思う。
「人間万事塞翁が馬」である。
「禍福は、糾える縄の如し」でもある。
今後の活躍を、期待している。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「死亡したシカの胃から出てきたのは…」 奈良の愛護団体が訴えつづける思い

「死亡したシカの胃から出てきたのは…」 奈良の愛護団体が訴えつづける思い(BuzzFeed Japan)

生きるために、必死で食べ物をねだるシカ。
実に痛ましい事件である。
シカの、その愛らしさを求めて訪れる観光客。
ビニールを食べれば、動物がどうなるのか。
年端もいかない幼児は別として、
大方の人は認識できるはずである。
シカのおねだり行動が、
こうした悲劇を生む結果は看過できない。
今まで以上に、観光協会は、
個々の観光客に対する啓もう活動の促進は勿論のこと
海外からの観光客に対しても、
文化の違いから、日本の動物愛護保護に理解を示さない場合には、
モラルの徹底をどのように図るべきか。そこのところを徹底的に検証しなければならい。
そしてこれ以上の悲劇を生まぬよう、問題の改善に全力を尽くしていただきたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

東京の夏を彩る大輪

東京の夏を彩る大輪(時事通信社)

本日、日本近海で台風になった熱帯低気圧により、
東海や関東で暴風雨が予想されていた。
しかし、今のところ関東は大したことはない
本日、全国各地で花火大会花火大会が予定されていたが、
この予報で、少なからずの大会が中止、あるいは順延された。
こうした不安定要素満載の中、隅田川の花火大会は、
予定通り、夜空に大輪を咲かせた。
予定通り決行することが望ましいとの判断を持ちつつ、
万が一、台風が直撃したときのリスクに配慮した少なからずの主宰者は、
本日の花火大会中止の決定をした。
断腸の思いだったに違いない。
安全第一の観点から、絶対的な安全が確証を得るまで、
「中止あるいは延期」という悲して決断になるのだろう。
花火大会開催の判断は、難しい。
事故はないほうがいいに決まっている。
しかし、一年に一度の祭りごとの開催中止は、なるべく避けたい。
お騒がせな台風だった。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

介護職員、歩けない90代女性に馬乗り…同僚撮影?ネットに動画

介護職員、歩けない90代女性に馬乗り…同僚撮影?ネットに動画(読売新聞オンライン)

こうした話題を見聞きすると、老人ホームに入りたくないと思う。
しかも有料のホームである。
何があったか知らないが、職員の質が悪すぎる。
低賃金だから集まらないとするならば、
ますます、職員のなり手がなくなるのではないだろうか。
身体の自由が利かない高齢者は、今後どうすればいいのか。
団塊の世代が高齢者になっている中で、
対策の遅れが心配だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

瀬戸大也が200個メで金メダル「正直狙ってました」東京五輪内定

瀬戸大也が200個メで金メダル「正直狙ってました」東京五輪内定(スポーツ報知)

期待された結果を、世界選手権の場で発揮できる強さ、
メンタルの強さに感動だ。
確かに、その競技に強い人は少なくないのかもしれない。
しかし、大会の当日、予選から準決勝、そして決勝で、
金メダルという文句ない泳ぎを見せててくれることは、
日本人として大金星である。
故障者が多い中で、確実に結果を出せる瀬戸選手には脱帽である。
おそらく、故障をしている仲間に負担をかけたくないのではないか。
自身が頑張ることで、故障者の復帰にも弾みをつけるのではないか。
いずれにせよ、瀬戸選手の活躍を、国民全体で称賛したい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

JT、「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」銘柄廃止へ(産経新聞)

JT、「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」銘柄廃止へ(産経新聞)

また一つ、時代の終焉を迎えた。
愛煙家は、肩身の狭い思いをしているが、
これらの銘柄は半世紀以上、よく生き残っていたものだ。
老兵は消え去るのみ…。
しかし、人間はたばこのようにはいかない。
長年の学習と経験を経て、益々意気軒昂である。
今、早くも大幅改訂版の執筆に勤しんでいるが、
行政法をこれ以上優しく書けないほど、かみ砕いて説明しましたよ。
ようやく脱稿したので、あとは、校正を重ね、世に送り出すだけになった。
次のお題も決まっている。遊んでいる時間はない。一分たりとも無駄な時間はない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

竹島上空の韓国機「警告射撃」 ロシア、そして中国の思惑はどこにあるのか

竹島上空の韓国機「警告射撃」 ロシア、そして中国の思惑はどこにあるのか(J-CASTニュース)

本日のNHKの夜7時のニュースではトップの項目は、表題の話題だった。
吉本興業がどうのこうのの場合ではない。
吉本興業のいざこざは、たかだか、一企業の内紛だ。
そうであるにもかかわらず、
メディアでは参議院選の結果よりも、大きく取り上げられることに違和感を覚えていた。

しかし、この話題はそうはいかない。
そもそも、竹島はどこの領土なのか?
不当に実行支配している国が、その実行支配に基づき、
竹島の領空侵犯する航空機に対して警告射撃した事実。
これを、日本は官房長官が「遺憾」を表明するだけでいいのか?
まったくもって説得力を欠く。
個人の家の敷地に置き換えて論じれば、その違和感は一目瞭然だろう。

今、Aの所有する土地に、長く近隣のBがそこは自分の土地だとして、
Bが使用する建造物を建ててしまった。
Aは、自分の所有する土地だから出て行ってほしいといいつつも、
Bを排除すべく強硬手段には及んでいなかった。
そしたところ、またまた近隣のCが、武器を携えて、
Bが占拠しているAの土地に出入りしてきた。
Bは、「ここは自分の所有地だから出ていけ」と、380発もの警告射撃をした。
Aといえば、本来の所有者であるにもかかわらず、
「Bさん、Cさん私の土地でケンカすることはやめてください」
と、事実の発覚後、両者に対して申し入れをした。

本件に戻ろう。
なにはともあれ、他国の領空を侵犯したロシアに正当性はない。
しかし、それを主張するのは、本来、所有者である我が国なのではないか。
その主張が、韓国の380発に及ぶ警告射撃の後では、領有権の説得力を欠く。
この事件は,単に、ロシアが竹島上空を侵犯したという事件ではない。
竹島の領有をめぐって、韓国の実行支配の事実と
領有権の主張を、韓国に優位にさせてしまったということになるのではないか。
日本の対応は、吉本興業と同じで、
国際社会に対して、後手後手に回った感が拭えない。
手遅れにならないうちに何らかの方法を講じなければならないだろう。

竹島も、ホルムズ海峡も、実に不穏な雰囲気である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

約4割の人の「スマホケース」にカビが発生…人体の影響は? 専門家に聞いてみた

約4割の人の「スマホケース」にカビが発生…人体の影響は? 専門家に聞いてみた(FNN.jpプライムオンライン)

じめじめとした梅雨は、いましばらく続きそうだ。
先日、スマホの機種を変え、
カバーなるものを初めて購入したが、この記事は切実だ。
日々お世話になるスマホだが、
なかなか、カバーを外して掃除しようなどと思わない。
その結果がこれかと思うと、気分がよくない。
定期的に、清掃することを心がけよう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村