Archive for 未分類

労働保険の電子申請、ラクにできることは、ラクにやったほうがいい

労働保険の電子申請、ラクにできることは、ラクにやったほうがいい

ご説、ご尤もである。
「ラクにできることは、ラクにやったほうがいい」
に決まっている。
しかし、社労士としては複雑だ。
これまでラクにできなかったから、社労士へのアウトソーシングの需要が見込めた。
誰もがラクにできてしまえば、社労士の出番が激減する。
だから私は30年以上前から、「1号・2号業務」だけではだめだと主張していた。
しかし、当時は、「それでいいんだ」という社労士が大半だった。
確かに、当時高齢で、跡継ぎもなく、
廃業が決まっていた人達はそれでもよかったかもしれないが、
やはりそうした時代になってしまった。
では、今、社会保険労務士に求められる能力はといえば、
問題解決能力である。つまり、クライアントの相談に、
法律を駆使して、如何に、
多くの問題解決の選択肢を提示できるかという能力である。
この能力は一朝一夕に身につくものではない。
常に問題意識を持ち、学習し、最新の情報を仕入れ、
問題を自分のこととして真剣に考え、実践していなければ、
身につくものではない。
しかし、始めるということに遅いことはない。
今日からが本番、昨日まではリハーサル。
大いに勉強してほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

永良部島噴火で住民は

永良部島噴火で住民は(テレビ朝日系(ANN))

地球規模で、荒れている。
日本のそこかしこで、自然が動いている。
たまたま、自分が住まう地域が、
災害の被害に逢わなかったからといって、
いつ、そうした被害が及ぶとも限らない。
災害は一言ではない。
被害状態を見据え、避難勧告と、実際の被害を確認すべきだ。
くしくも、今日は、
阪神淡路地震が起きてから24年目の日だ。
国民には、真摯に防災を考える日であってほしい。
合掌

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

バス運転手が意識不明に…乗客が緊急停止

バス運転手が意識不明に…乗客が緊急停止(日本テレビ系(NNN))

バスも、安心して乗っていられない。
どこで何が起こるかわからない。
今回は、乗客の機転で、事なきを得た。
しかし、一歩間違えば、第三次になっていたことだろう。
楽しいはずのバス旅行が、
思いもよらない場面に遭遇した。
バスを利用する人は、何が起きてもいいように、
少なくともバスの構造は
把握しておかなければならないだろう。
実に、大変な世の中になったと思う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

東京法令学院よりお知らせ

来月、2月20日発刊予定の、河野順一新刊「労働基準監督署があなたの会社を狙っている!」をご案内したところ、多くの方からご注文をいただきありがとうございました。

41xP9FzmLPL__SX303_BO1,204,203,200_

誠に勝手ながら、著者割り当て分の販売部数に達しましたため、原則として、当学院での受付を終了させていただきます。今後は、アマゾンにてお買い求めいただきたくご案内いたします。 ⇒アマゾン

なお、アマゾンからは2冊までしか予約できないため、3冊以上のご予約を希望される場合は、これまでどおり、当学院が販売元との窓口になり、お申し込みを受け付けさせていただきます。

以上、よろしくお願いします。
詳細はココ ⇒kantokukanbook

草津白根山噴火「自衛隊員8人が円陣になって民間人を守り、死亡した」

草津白根山噴火「自衛隊員8人が円陣になって民間人を守り、死亡した」は本当か(BuzzFeed Japan)

デマなのか、本当の話なのか。
真意のほどが定かではないにもかかわらず
情報は、どんどん拡散する。
それがいいか悪いか…
確証がつかめないニュースは、
フェークニュースだ
正しい情報の伝達を望みたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ

本書を読み終えるまでには、あなたの会社の意識は、大きく変わるであろう

近時、著者が上梓する書籍のコンセプトである。

この本は、危険な本である。
これまで、労働基準監督署の是正勧告には、すべて従わなければならないと考え実行してきた使用者は、大変なショックを覚えることだろう。
また、労働基準監督署は、これまでのような仕事の進め方はできなくなると、組織全体で強く覚悟しなければならなくなるに違いない。
しかし、正しいことは正しいとして、それに気づいてしまった者の責務として主張しなければ、いつまで経っても事態は変わらない。

本書は、社会保険労務士人生40有余年で学び得た労働基準監督官の権限と、是正勧告、そして臨検調査について研究してきた筆者が、
日本経済の下支えをする中小企業のために行政成調査の要諦を、精魂込めて書き上げた「How to do(このようにしてすればいい)」と、一般向けに解説したものである。
本書を読み通せば、それらがどのようなものなのか、イメージがつかめることだろう。そう、本書を読み終えるまでには、あなたの会社の意識は、大きく変わるであろう。
必ず良い方向に、舵取りできるようになっているだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

弁護士が「真面目に働く人ほど食えない」仕事になった理由

弁護士が「真面目に働く人ほど食えない」仕事になった理由(ダイヤモンド・オンライン)

「真面目に働く人ほど食えない」仕事…今や、それが弁護士だという。
事件の内容も多様化して、難しくなってきている。
クライアントの立場に寄り添って、親身に事件処理を行えば、
時間がかかる、手間がかかる。
チャチャッと済ませて、次の仕事と、割り切れる性分の人はまだしも、
可能な限り真実を追求し丁寧な仕事をすれば、ドンドン実入りは悪くなる。
弁護士という仕事の、理想と現実のギャップだ。
同様に、社労士の場合も、経営の効率を考えると、
難しい仕事は嫌厭したくなる。
しかし、効率の良い仕事だけでは、将来性はない。
士業者は、自分らしい仕事の仕方をアピールすることで、
顧客との信頼関係を築けるものだと思う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

最高裁判事で初の旧姓使用へ 来月就任の宮崎氏「当然」

最高裁判事で初の旧姓使用へ 来月就任の宮崎氏「当然」(朝日新聞デジタル)

能力がある女性は、どんどんトップにのぼればいい。
今、名前がどうであるかではなく、
その人物の実績と資質がすべてだ。
最高裁で、初めて旧姓を名乗る判事だ、
男尊女卑の、過去の時代とは価値観が異なる。
少なくとも、その他大勢の女性は、
頑張っている女性の、足を引っ張ってほしくない。
前例が踏襲できれば、こんなに素晴らしいことはない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

元日馬富士、鳥取市内で9時間半再聴取

主犯は白鵬、日馬富士暴行は忖度 貴ノ岩への説教がすべての発端だった 貴乃花親方との遺恨もヒートアップ(夕刊フジ)

本件の暴行事件につき、主犯が白鵬であるならば、今後それなりの処分がされてしかるべきだ。
どの程度までの関与が、違法であると認定されるかは定かではないが、
仮に記事どおり、主犯でない日馬富士が引退をしたということは、
主犯は、引退にならないとはいえない。
日馬富士の進退の原因となった暴力は、何が原因だったのか、
暴力を促した人物がいたのかいないのかなど、国民が理解できる言葉で、理解できる理由をして詳細な説明をしてほしい。

協会の要請を無視し、あえて、沈黙という、異例な手法をとった貴乃花親方に、
処分すべき合理的理由があるのだろか。
今後の成り行きに目が離せない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

高島屋、日曜保育実施へ…横浜店で従業員向け

高島屋、日曜保育実施へ…横浜店で従業員向け(読売新聞)

なるほど、従業員思いの良い改革だ。
しかし、こうした状況は、今始まったことではない。
現状として、人手不足で、
優秀な人材を流出しないための施策なのかと勘繰りたくなる。
子育て支援を行いつつ、すべきことはまだたくさんあるのではないか
日曜保育…
企業が稼働している全職場に対して、広めてほしい施策である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

夏休みは「長野北部」の大地震に要注意?

4つの条件ピタリ…夏休みは「長野北部」の大地震に要注意(日刊ゲンダイDIGITAL)

夏休みを前に、不吉な予告だ。
そこに住まう人は、逃げようがないが、心づもりはできる。
問題は、夏休みに、そこへ旅行を計画していた人に及ぶ。
どうせ旅行をするなら、安全な場所へと、
行き先を変更されてしまったら、地元の観光業に大きな影響が出る。
近時、自然が暴走している。
地震が、豪雨が、人知のはかり知れない猛威を振るう。
備えあれば患いなし。
予知されていない場所も、同様な備えが必要だ。
何処で大きな災害が起きてもおかしくない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

震度6弱、宿泊客は満室1800人 一人もけが人を出さなかった別府のホテル

「何もこんな日に、と思わせちゃいけない」震度6弱、宿泊客は満室1800人 一人もけが人を出さなかった別府のホテル(西日本新聞)

何年か前、私は、このホテルに泊まったことがある。
詳しいことは覚えていないが、
露天風呂の絶景は、しっかり脳裏に刻まれている。
今回の報道を受け、
セキュリティー面においても素晴らしいホテルであったと実感した。
宿泊施設は、こうした安心感が不可欠である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

テロ等準備罪 民進・山尾志桜里氏、安倍晋三首相に「器が小さいんだよ!」~「ぱらぱら」「そもそも」論争の末に…

テロ等準備罪 民進・山尾志桜里氏、安倍晋三首相に「器が小さいんだよ!」~「ぱらぱら」「そもそも」論争の末に…(産経新聞)

何か違和感を覚える。
北朝鮮との、有事を視野に入れなければならない状況で、
器が小さい首相に、国政を預けていたとしたなら…
それは問題である。
人を批判することは、簡単なことである。
しかし、その批判が、どれだけ国民に還元されるのか…
もっと、至近距離で腹を割った話し合いがされるべきだと思う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

今村復興相、なぜ「ブチ切れ」たのか 記者とのやりとり一部始終

今村復興相、なぜ「ブチ切れ」たのか 記者とのやりとり一部始終(J-CASTニュース)

このやり取りにおいて、質問をした、記者に軍配が上がったと思う。
記者は、視聴者の代弁である。
私は、このニュースに触れて、
過去、雲仙普賢岳の噴火災害では、被災地を訪れて、
被災者をテレビの前で怒鳴りつけるという信じられない事件まで起こしていた、
ある、代議士を思い出した。
20113.11の原発事故において、いったい誰が責任者だったのか…
少なくとも、そこに住まう住民の責任ではなかったことは明らかだ。
現在も、原発事故で、苦しめられている方に対して、
それは、復興大臣が口にする言葉ではなかったと思う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

ゾンビ遺伝子が発見される

「死」してから目覚めるゾンビ遺伝子が発見される:研究結果(WIRED.jp )

ゾンビ遺伝子?
初めて耳にするが、面白い研究をする人もあるものだ。
人の肉体が滅んだ後、有益な物質が抽出できるなら
夢のような話である。
ゾンビも捨てたものではない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村