Archive for 7月 2019

安田純平さん、旅券再発給されず 審査請求か行政訴訟へ

安田純平さん、旅券再発給されず 審査請求か行政訴訟へ(朝日新聞デジタル)

何が彼を突き動かすのだろうか。
何年にもわたり拘束され、這う這うの体でようやく帰国できた。
その、奇跡の生還から1年もたっていないのに、
やはり、凡夫にはその情熱が理解できない。
それは、使命感なのだろうか?
一歩間違えば、再び捕らわれの身になることが分かっていながら、
裁判まで視野に入れ、それほどまでのライフワークなのだろう。
当時はやった「自己責任」の議論が再燃することは間違いないこととだろう。
登山家は、そこに山があるから登る。
ダイバーは、そこに海があるから潜る。
そこにどのような結末が待っていても、
それがその人の生の証なのだろう。
やはり、凡夫には理解できない生き方だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

無料掲載のはずが…ネット求人の広告サイト、一定期間利用後に高額請求のトラブル相次ぐ

無料掲載のはずが…ネット求人の広告サイト、一定期間利用後に高額請求のトラブル相次ぐ(京都新聞)

油断も隙もない。
少しでも良い人材を、安価で求めたいと思う企業のニーズは同じだ。
最初から有料であると知っていれば、それなりの比較検討もできただろう。
しかし、無料を前面にうたい、油断させて、
説明もせずに、有料部分の解約していないことを理由に、
多額の請求をしてくる汚い手口は、悪質極まりない。
自分の身を守るのは、自分でしかない。
世知辛い世の中になったものだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「兄弟でANAの機長になる!」 でも先輩は弟 「兄弟パイロット」の夢、実現のドラマ

「兄弟でANAの機長になる!」 でも先輩は弟 「兄弟パイロット」の夢、実現のドラマ

微笑ましい記事である。
兄弟で、空の運行の司令官になれるということは、
そうそうないのではないのではないか。
人生それぞれの道があり、紆余曲折があり、
そして、今日、二人の機長である。
文字の変換ミスで、今「貴重」と表示された。
満面の笑みが、兄弟の仲を物語り、
満面の笑みが、空の安全を約束してくれたような気がする。
自分がなりたかった職業につけた充足感と、
家族のきずなが、兄弟の成功秘話をより崇高なものに見せてくれる。
ありきたりだが、今後も御兄弟で精進して頑張ってほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

韓国の養犬業者ら、犬肉食べて気勢上げる 動物愛護団体のデモに対抗

韓国の養犬業者ら、犬肉食べて気勢上げる 動物愛護団体のデモに対抗(AFP=時事)

ところ変われば品変わる。
私が大切に想う生涯の友、犬を、食す文化を持つ人がいる。
伝統・文化であるならば、致し方ないのか。
牛も、豚も、鳥も、クジラも、イノシシも、鹿も、ウサギも、
食文化で当然のごとく日々口にしている人々がいる。
しかし、私は犬を食べてほしくない。
愛くるしい人類の友を解体してしまうのには、
いささか嫌悪感を覚える。
戦時下、食糧難で、
食うや食わずの際にたまたま食してしまったというのであれば、
まだ、周囲を説得することもできるかもしれない。
しかし、この飽食の時代で、未だにこれだけの人類の友達が、
食用として命を落としているかと思うといたたまれない。

それをいったら、クジラの商業捕鯨にも問題はないか?

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「タピオカ」から考える環境問題 街にあふれるプラごみはどこに行く?

「タピオカ」から考える環境問題 街にあふれるプラごみはどこに行く?(毎日新聞)

「タピオカ」が、ブームといえども、試してみたいと思わないのは
ジェネレーションギャップか?
それは別として、ごみ問題が深刻だ。
そうでなくとも、プスチックゴミの行方が、
世界的に大きな問題となっている今、
ゴミの収取は避けて通れない問題だ。
タピオカの販売業者が、既に対策を試みていればまだ救われだが、
タピオカの容器などのゴミは、
業者が責任をもって回収に当たらなければ嘘だ。
商品単価に、回収の費用が上乗せされたとしても、
それは多くの国民に納得されるものと思う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

はやぶさ2、世界初の試料採取 着陸成功、太陽系起源解明に期待

はやぶさ2、世界初の試料採取 着陸成功、太陽系起源解明に期待(共同通信)

庶民は、自分の目の前のことを負うだけでも大変なのに、
宇宙のかなたで、有益な機械を動かしている人たちがいる。
何がどうなっているのか。ロマンだ。
日本は、彼らの偉業を誇って善い。
仮説に基づいて、試作品をつくり、満を持して宇宙での挑戦をしているのであろう。
仮に今、着陸が成功しても、大きな科学的進歩はない。
しかし、地道な実績の積み重ねが、大きな判断材料になる。
たかが、地球の極小なスペースで、
あれやこれやと喧々諤々としていることが、ばかばかしくなる。
日本はデカい。世界もデカい。地球は勿論のこと、宇宙もデカい。
まだわからないことが数多い。
関係者の皆さんは、実にロマンが原動力の仕事をされている。
もっともっと、宇宙のなぞ解明にご尽力賜りたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

保釈中の覚醒剤事件被告、宇都宮地裁初公判出廷せず逃走

保釈中の覚醒剤事件被告、宇都宮地裁初公判出廷せず逃走

う~む。
どうなっているのか?
保釈が、適切な運用をされているのか?
市民感覚からすると、実に杜撰だ。
市民に多大な不安感情を抱かせ、
かつ、人件費をはじめとして、捜査に莫大な資金を費やす。
税金だから、自分の腹は痛まないから、悠長なのか。
制度の不備だと思う。
被告の人権もあるが、守られるべきはそちらか、それとも市民の安全か。
言わずもがなである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

ハンセン病家族、首相謝罪を要求 被害回復策も、全容把握は難航か

ハンセン病家族、首相謝罪を要求 被害回復策も、全容把握は難航か(共同通信)

人は優しく、親切であることを是として、そこにに安らぎを感じるが、
時として、集団で冷淡に、そして残忍になるから厄介な動物だ。
ハンセン病を取り巻く関係性において、
国の判断に引きずられる形で、人々は差別を当たり前とした。
ご当人らはどれだけのご苦労があったことか…
その半生を語られる人々は、筆舌しがたい日々を送り、
隠れるように過ごさなければならなかった。
誤った知識が流布されると、それを修正するのに時間がかかる。
ようやく、患者かたもご家族も、その尊厳を回復することができた。
本当に良かったと思う。
また、参議院選の時期に、控訴の判断を迫られたことも、
原告団にとっては追い風になったのかもしれない。
過ぎ去った長い日々をやり直すことはできないが、
とりあえず、国がその政策の誤りをはっきりさせたことで、
一筋の光明が差した。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化(日刊ゲンダイDIGITAL)

業界に物申す人は、業界の上層部の忖度でつぶされるのか?
伊調選手は、ブランクがあった中で、よく気持ちを立て直したと感心している。
業界の人間は、日本国民として、
オリンピック4連覇の絶対王者を、後押ししたくないのだろうか?
未だ、根深い戦いは水面下で続いているようだ。
来年は、東京2020だというのに…
しかし似たり寄ったりの構図は、スポーツ界のみならず、あちらこちらで遭遇する。
長いものに巻かれていれば、安泰か。
寄らば大樹の陰で、強いものに寄り添っていれば安全か。
私はそのような生き方をしたくない。
是は是。非は非。
未だ、大木をもぼぷった切る情熱を忘れてはいない。
礼には礼で応え、非礼には非礼で応える。
万年青年。
志や、義理人情を大切に歳を重ねたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

老後不安解消の「処方箋」 貯蓄2000万円では足りない?

老後不安解消の「処方箋」 貯蓄2000万円では足りない?(毎日新聞)

老後の貯蓄は、2000万円で足りるか?
これは誰も何とも言えない。
その人が置かれた環境、家族関係、生活水準、そして、余命の年数。
しかし、これまで年金が老後の生活を支えてくれる…
と信じていた人にとってはつらい現実だ。
今後は、働けるまで働いて、あとは、神に任せるという老後が主流になるのか。
団塊の世代が、高齢世代に突入する中、
それを下支えしてくれるはず立った、若年層が少ないというのは、
べつに今、初めて分かったことではない。
人口の統計調査から、いずれはこうした状況が来ると
政府関係者では将来像が、容易に予測されていたことだろう。
こうした現状に、相応な策を講じてこなかった政府には、
大きく政府策に瑕疵がある。
日々の生活で少なくない税金や保険料を取られ、
自分の老後は自身で自助努力せよとは、実に無責任な言い草である。
しかし、生きていくのは自身である。
現行のままでは、年金制度は実に頼りなく、納得がいかず、魅力がない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

九州大雨 避難指示の対象100万人以上に 住民、不安な一日

九州大雨 避難指示の対象100万人以上に 住民、不安な一日(毎日新聞)

関東はといえば、確かに湿度は高かったが、
傘の出番は、ほぼ皆無の一日だった。
他方、九州ではとんでもない降水量を記録している。
かの地にお住まいの方は、さぞ心配な時間を過ごされていることと思う。
近時、日本の気象は、容赦ない変貌を遂げる。
それが、いつなのか、どこなのか、
予報技術の向上で、大方は知ることができても、
市民には、今一つ、その実感が乏しい。
テレビのインタビューでは、市内全域が避難勧告の様相を呈していたら、
いったい自分はどこに避難すればいいのか、
市民の全員が避難する場所はあるのか、
といった、ごくシンプルな疑問が多かった。
明日、朝までに降る降水量は、予報では心配な数値である。
関東といえども、安閑としていられないようだ。
くれぐれも、ご無事でいて欲しい。
気まぐれな災害の神に、人生を翻弄されぬよう、
被害は最小限で済んでほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

明日~あさって 西日本で「猛烈な雨」に厳重警戒を

明日~あさって 西日本で「猛烈な雨」に厳重警戒を(TBS系(JNN))

近時の、雨の降り方は異常だ。
ご自身の居住している地域で、このような警戒情報に触れたとき、
住民の皆さんはどのような行動をしたらいいのか。
予報だから、当たることもあれば外れることもある。
しかし、近年の予測技術は、格段に上がっている。
仮に良い方に外れたとしても、最悪の事態を想定して行動したならば、
それはそれで、良しとしなければならないだろう。
誰が悪いのでもない。
そうした時代に、今、私たちは生きていることを自覚しなければならない。
命あっての物種である。
くれぐれも、予想の対象他なった地域にお住いの皆様には、
早目の行動を心掛けていただきたい。
いずれにしても、災害が、何も起こらないことを祈念する。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

長男の持病理由に転勤拒否し解雇 元社員がNEC子会社を提訴

長男の持病理由に転勤拒否し解雇 元社員がNEC子会社を提訴(共同通信)

体のいい首切りなのか。
今、大企業の少なからずで、相当数の数の労働者を退職させようとしている。
他方、労働者の立場も微妙だ。戦力外通告をされた職場で、仮に取消訴訟か認められたとしても、職場復帰には気まずさが残る。
大企業だからといって今日日、安心できないのは事実だ。
会社に「残ってください」と言われるような、特化した能力が欲しい。
なかなか職場に残るのも大変である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村