工事業者の男性「工具もってただけで警察に連行され、取り調べ受けた」国賠提訴

工事業者の男性「工具もってただけで警察に連行され、取り調べ受けた」国賠提訴(弁護士ドットコム)

たまったものではない。
仕事の帰りに、コンビニの駐車場でほっと一息。
それを、なんやかやと難癖付けられて逮捕。
人権侵害もいいところだ。
昼夜を問わず出動要請があり、工具を持つ職業は、
違法な逮捕につながる職務質問を受けやすい。
横暴な警察の対応には、断固戦っていただきたい。
こうした例は、権利侵害がはっきり認識できる事案だが、
困るのは、容易に判別がつかない場合だ。
しなくてもいい義務を課せられたり、
罰則を背景に、義務なきことを強要されたりするケースだ。
それゆえ、法の勉強は必要だ。
なぜおかしいか、その理論が理解できれば、
どの様な場面にも応用が利く。
法律を知らないということは、法に無知だということは、怖いことだ。
勉強は、生涯不可欠である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.