北朝鮮の発射「非常に憂慮」 韓国大統領府

北朝鮮の発射「非常に憂慮」 韓国大統領府(聯合ニュース)

この国は、行きつくところまで脅し続けるつもりなのだろうか。
えてして社会は、仮に間違ったことでも、言い続ける人のしつこさに根負けして、
その言いなりになってしまうケースが多い。
味を占めた無頼漢は、何度も同じ手を使い、自身の厚顔無恥な要求を繰り返す。
そして我が物顔で、あたかも自身が、
社会の支配者であるかの如くの横暴を行い、それを恥ともしない。

融和ムードは一時の幻であり、
裏では兵器の開発に余念がなかったのかもしれない。
この国は、核がなければ、
アメリカやロシアなどと、対等に渡り合えるはずがない。
持ってはいけないはずの核を持ち続け、脅し続ければ、大国が脅しに屈服する。
長い間、悪しき図式を正そうとしなかったツケが、
このところ顕著になってきているのではないか。

朝鮮半島の他、中東もキナ臭い。中国との経済戦争も、明日、大きな山場を迎える。
世界は、平和が、それが良いことはいやというほど知っているにもかかわらず、
今、各国間の関係が、再び不穏な方向に向いている。
一般市民のレベルで、何をすればいいのか。
かな答えが浮かばない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.