労災に増える高齢者 目立つ「転倒」4割近くが60歳超

労災に増える高齢者 目立つ「転倒」4割近くが60歳超(朝日新聞デジタル)

思わぬ場面に高齢化が関係する。
自宅のみならず、高齢者を雇用する際は、
職場もバリアフリー化しなければならないだろう。
滑りやすい床は、そうでない材質のものに代え、段差をなくす。
廊下には手すりを、休憩のスペースを確保する。
どこまで配慮すればいいか、費用対効果を考え、
最大限行わなければならない。
間違いなく、企業としては負担になる。
助成金などで、出費が軽減できればいいが…
超高齢化日本は、何かと社会の流れが変わっていく。
追いついていくのに大変だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.