カネカが「育休明け転勤」問題に公式見解「当社の対応に問題は無いことを確認」

カネカが「育休明け転勤」問題に公式見解「当社の対応に問題は無いことを確認」(ハフポスト日本版)

SNSの力は大きいといってよい。
元従業員の妻の発信により、大きな問題となったこの件は、
会社として看過できないレベルのものとして釈明が行われた。
この釈明内容をどう見るかが重要だ。
インターネット上では、双方の意見が俎上に上がったにすぎない。
どちらの意見が正しいのか、それは、
双方の記事を読んだ、読み手の受け止め方でしかない。
詳細な事情が分からないため、それ以上事案に突っ込むことができない。
本当に、育休明けの社員を配置転換するだけの必要性があったのか。
人選は相当か。個人の不利益と、会社の業務の必要性のバランスは欠いていないか。
つまり、この配転命令に権利の濫用がないかの問題だ。
他の従業員に対する見せしめ、すなわちスケープ・ゴード的な意味合いはないのか。
これらの問題は、周囲からでは、真実が見えにくい。
これが、裁判となれば、この辺の事実関係が客観的に明らかになる。
もう、既に提訴されているかもしれないが、
まだなのであれば、同種事案防止のためにも、個人的には、
司法の場で顛末を明らかにしてほしいと思う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.