小学生の自殺、最多は「家庭問題」 厚労省が原因分析

小学生の自殺、最多は「家庭問題」 厚労省が原因分析(朝日新聞デジタル)

小学生がなぜ自殺をしなければならないのか。
これから様々な可能性があり、何度でもやり直しがきく素晴らしい時期なのに…
居場所がないのか、
愛情が不足しているのか。
たとえきつく叱られたとしても、
愛でつながっていれば、自死しなくても済むのではないか。
家族でも、学校でも、地域でもいい。
便利になった社会で、メンタルはガラスのように傷つきやすくなった。
これは小学生だけでなく、新入社員や、中堅管理職にも言えることだ。
思いつめないでほしい。
きっとどこかに解決の糸口はある。
解決策が見つからなければ、自分で作る勇気を持ってほしい。
まだ君たちは死に急ぐには若すぎる。
もう少し、周囲を俯瞰してからでも遅くない。
生れたからには、人間誰しもいずれ死ぬ。
そう、その時が来るまで逝き急がないでもらいたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.