ハンセン病家族、首相謝罪を要求 被害回復策も、全容把握は難航か

ハンセン病家族、首相謝罪を要求 被害回復策も、全容把握は難航か(共同通信)

人は優しく、親切であることを是として、そこにに安らぎを感じるが、
時として、集団で冷淡に、そして残忍になるから厄介な動物だ。
ハンセン病を取り巻く関係性において、
国の判断に引きずられる形で、人々は差別を当たり前とした。
ご当人らはどれだけのご苦労があったことか…
その半生を語られる人々は、筆舌しがたい日々を送り、
隠れるように過ごさなければならなかった。
誤った知識が流布されると、それを修正するのに時間がかかる。
ようやく、患者かたもご家族も、その尊厳を回復することができた。
本当に良かったと思う。
また、参議院選の時期に、控訴の判断を迫られたことも、
原告団にとっては追い風になったのかもしれない。
過ぎ去った長い日々をやり直すことはできないが、
とりあえず、国がその政策の誤りをはっきりさせたことで、
一筋の光明が差した。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.