安田純平さん、旅券再発給されず 審査請求か行政訴訟へ

安田純平さん、旅券再発給されず 審査請求か行政訴訟へ(朝日新聞デジタル)

何が彼を突き動かすのだろうか。
何年にもわたり拘束され、這う這うの体でようやく帰国できた。
その、奇跡の生還から1年もたっていないのに、
やはり、凡夫にはその情熱が理解できない。
それは、使命感なのだろうか?
一歩間違えば、再び捕らわれの身になることが分かっていながら、
裁判まで視野に入れ、それほどまでのライフワークなのだろう。
当時はやった「自己責任」の議論が再燃することは間違いないこととだろう。
登山家は、そこに山があるから登る。
ダイバーは、そこに海があるから潜る。
そこにどのような結末が待っていても、
それがその人の生の証なのだろう。
やはり、凡夫には理解できない生き方だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.