アラン・ドロンさんが脳卒中=スイスで療養、容体安定

アラン・ドロンさんが脳卒中=スイスで療養、容体安定(時事通信)

あの、「太陽がいっぱい」のアランドロンは、どこに行ってしまったのだろうか。
あのメロディーと、切ないストーリーは、今でも心に響いている。
現在の写真を見ると、現実とのギャップに切ないものがある。
しかし、老いたのは、アランドロンだけではない。
おそらく、他人の眼から見れば、私も同じことを言われるのかもしれない。
しかし、言わせてもらえば、頭脳は人生で最高に冴えわたっている。
理不尽な輩の言動には、法理論をもって迅速な対応ができる。
過去のどの時点においても、有難いことに、今が絶頂である。
唾棄すべき人間は、悉く論破する。
経験に勝るものなし。
法体系に基づいて、常日頃考えることは大切だ。
それが私の自負心である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.