自分の預金が下ろせない?じわり広がる“高齢者制限”

自分の預金が下ろせない?じわり広がる“高齢者制限”(毎日新聞)

対象とされる年齢に入っている私は、大いに不満がある。
年齢という括りで、十羽一からげに扱われては、
事業経営者は、とてもではないがやっていけない。
それとも何か?
70歳を過ぎたら、経営権を委譲しろとでも言うのか?
確かにオレオレ詐欺が横行する中、
被害者を少しでも減らすための苦肉の策であることは分かるが、
この扱いは法律ではなく金融機関の運用なのだから、臨機応変にお願いしたい。
事業をしていれば、突然に、大金を下さなければならないこともある。
そのような時、窓口で大揉めをしていると、
千載一遇のチャンスを逃すケースも容易に考えられる。
これからは、金融機関の窓口には、
若い秘書を帯同しなければならない、ということになりそうだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.