高齢者の「ゴミ出し支援」拡充へ…玄関先で回収、町会に助成も

高齢者の「ゴミ出し支援」拡充へ…玄関先で回収、町会に助成も(読売新聞(ヨミドクター))

高齢者にとって、切実な日常的な問題だ。
今は若くても、いつかは高齢者になる。
若い人と同居していれば造作がないが、
1人暮らしや、高齢者の夫婦は手助けが必要になる。
老いるということは、それまではできていたことが、
身体的な衰えによって、行動範囲が狭まるということだ。
様々な案を出し合って、実行可能な選択肢を数多く共有したい。
国民が「明日のわが身」と捉えて、真剣に対応していかなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「花粉症手当」で生産性アップ 新たな福利厚生

「花粉症手当」で生産性アップ 新たな福利厚生(フジテレビ系(FNN))

なかなか、面白い取り組みだ。
今や、国民病の花粉症。
何時、誰がなってもおかしくないリスクを抱えているのだから、
社員にとっても、有難い福利厚生制度だ。
願わくば、対処療法でなしに、
国が、国民病解消に本腰を入れて欲しい。
森林の整備、画期的な花粉症の薬。
とりあえず、残念だが、今は、花粉の飛散が収束するのを気長に待つしかない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

11時間超勤務で心筋梗塞増 会社員、50歳以上は注意

11時間超勤務で心筋梗塞増 会社員、50歳以上は注意(共同通信)

このような調査結果が出ると、
益々、長時間労働は回避されなければならない。
やらされている感が強い仕事程、この傾向は強まるのではないか。
好きなことをしていれば、それは趣味の延長上だ。
何とか、仕事を好きになることができないか。
心持次第で何とかならないものだろうか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

10連休できない中小企業たち。受注対応で休日出勤

10連休できない中小企業たち。受注対応で休日出勤(ニュースイッチ)

流石に、10連休は長すぎるのではないか。
10連休の人も、買い物に行くし、旅行もする。
バスにも乗るし、食事にも行く。
そうすると、少なくとも生活に必要な
インフラに携わる職業の人は、交代で休むしかない。
いや、むしろ増員を求められるかもしれない。
一斉に生活が止まらぬ限り、
いつも以上に働かなければならない人が出てくることだろう。
そのしわ寄せが、中小企業に思えてならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

池江璃花子がSNSで決意記す 公表後、東京五輪に初言及「まだまだ諦めないぞー!!」

池江璃花子がSNSで決意記す 公表後、東京五輪に初言及「まだまだ諦めないぞー!!」(THE ANSWER)

経験したことがない人には、
想像もつかないだろう過酷な治療をしている中、
前向きな意志が、鼓舞が、周囲にまで勇気を与える。
名実ともに、凄いアスリートだ。
元気な自分は、もっと何かすることができるであろうことに気づかせてくれる。
池江選手。
貴方を応援するすべての人の祈りが、神に届いてほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

ファミリーマート店舗に貼られた「人種差別抗議」の貼り紙がSNSで大反響

ファミリーマート店舗に貼られた「人種差別抗議」の貼り紙がSNSで大反響(デイリースポーツ)

最近、コンビニや外食産業のみならず、
外国人の労働者を見かけることが多くなった。
慣れない環境で、よく働いていると思う。
今、我が国の雇用情勢は、彼らの下支えが無ければ、
立ちいかない状態になっている。
そうであるにもかかわらず、
心無い対応が横行しているのはいただけない。
感謝の気持ち、心のゆとりを持ち行動したい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

本名が「王子様」だった男性が改名に成功し話題に 

本名が「王子様」だった男性が改名に成功し話題に 「これから親になる人は本当によく考えて」(ねとらぼ)

きらきらネームにもほどがある。
子供の幸せを願ったら、まず親は、
将来子供が困らない名をつけるべきだろう。
「王子様」君は、よく頑張ったと思う。
世の親に警鐘を鳴らした。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

国民年金、産前産後も保険料免除 4月から新制度

国民年金、産前産後も保険料免除 4月から新制度(NIKKEI STYLE)

少子高齢化に、対応しようとする試みは評価できる。
しかし、どれだけの効果が期待できるかはまた別次元の問題だろう。
待機児童問題、子育て支援の拡充、義務教育以上の学費の無償化など、
子育ての環境は、まだまだ改善の余地がある。
若い親が安心して子供を育てる環境を整えないと、
益々、少子化に拍車がかかる。
労働力不足を、外国人労働者に頼るだけでは、国力維持につながらない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

ゴーン前会長の変装 計画した弁護士が謝罪 「彼の名声に泥を塗った」

ゴーン前会長の変装 計画した弁護士が謝罪 「彼の名声に泥を塗った」(毎日新聞)

ゴーン前会長の変装には驚いた。
無罪を主張し続けるならば、
やはり従前のビシッとしたスーツ姿で出てきてほしかった。
私にとって、このニュースは別の観点から感慨深いものがある。
それは、渦中の高野弁護士だ。
その昔、あれは平成11年だったか…
私が主宰する青労会でシンポジウムを開いた際、
パネラーとして、高野弁護士にご参加いただいたことがあった。
当時から、鋭いご意見をいただいたものだが、
今、社会に名がとどろく、
保釈請求のレジェンドとして、ご活躍されていることが嬉しい。
袖振り合うも多生の縁ではないが、
ゴーン前会長の裁判の行方が、より一層気にかかる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「コオロギバー」1本に50匹分の粉末入り 京都のベンチャー企業販売

「コオロギバー」1本に50匹分の粉末入り 京都のベンチャー企業販売(毎日新聞)

食べ慣れないものを食するのは、結構勇気がいるものだ。
蜂の子は栄養価が高いと言われても、やはり手が出ない。
コオロギと言われなければ、食べてしまうのかもしれないが、
なかなか最初は踏ん切りがつかないだろう。
しかし、ベンチャー企業の発想は良い。
災害時も、食糧難も、解決に希望の光が見えてきた。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

退職金も貯蓄もあてにならない「高齢者貧困」の実態

退職金も貯蓄もあてにならない「高齢者貧困」の実態(読売新聞オンライン)

元気で長生きできればいいが、
「高齢者貧困」の実態は、他人ごとではない。
「高齢者貧困」が増大すれば、国の予算も圧迫される。
元気な高齢者には、現役を続けてもらうしか手がなくなるのだろう。
たしかに、リタイヤすると生活のリズムが崩れ、体調も崩しやすいと聞く。
そういった意味では、自営業者は有難い。
社会の常識に大きく外れることがなければ、そこそこの収入は期待できるだろう。
額に汗してでも、生涯現役でいられる環境を確保しておかなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

児童養護に心血 亡き友の無念、フェイスブックで発信 渋谷・施設長殺害

児童養護に心血 亡き友の無念、フェイスブックで発信 渋谷・施設長殺害(毎日新聞)

このニュースは、児童養護施設の運営側に、大きな問題を提起した。
行政のかかわり方、子供の支援の在り方。
十分とはいえない予算をいかに効率的に運用できるか。
相手は、子供である。より、きめの細やかな配慮が必要とされる。
事件は、悲惨だったが、亡くなられた方の代弁者が、
きっちり代弁してくれたことは、せめてもの救いである。
こうした語り部の存在は大きい。
翻って、私には何人の語り部がいるのか。
身につまされる思いがある。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

エーザイ部長の自殺を労災認定 製薬会社100時間超残業(共同通信)

エーザイ部長の自殺を労災認定 製薬会社100時間超残業(共同通信)

働き方改革の施行で、本当に、長時間労働は解消されるのか。
高プロの人たちは、救えるのだろうか。
意に反する残業をさせる会社は、こちらから御免蒙るといった気構えがないと、
長いものには巻かれろ式で、苦境から抜け出せなくなってしまうのだろうか。
誠実に仕事をこなすことは大切なことだ。
しかし、自殺に追い込まれるような責任感は褒められたものではない。
自身の身を守る程度に、いい加減があっていい。むしろそうすべきだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

学者の元号案100以上…菅氏「絞り込みまだ」

学者の元号案100以上…菅氏「絞り込みまだ」(読売新聞)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00050248-yom-pol

これから、現皇太子と共に時代を作る元号の制定には、
生みの苦しみが付きまとうのだろう。
関係する方々は、責任の重圧と戦いながら、その日を迎える事だろう。
平成のときがそうだった。
国民が、その元号を使うことにつき、
制定の経緯が合理的に説明されることを願う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

”18歳になったら原則退所”児童養護施設の出身者が語る厳しい現実

”18歳になったら原則退所”児童養護施設の出身者が語る厳しい現実(AbemaTIMES)

まことに痛ましい事件だ。
子供を想い、懸命に寄り添っていた職員が、卒園者に刺殺された。
子供の境遇について、子供には罪はない。
しかし、子供はそうしたハンデを、自分で克服しなければならない。
犯罪に走る今回のようなケースもあれば、
立派に社会で活躍している卒園者もいる。
他方、恵まれた家庭に育っても、ニートを続け、
シッカリ働けと注意する親や親族を殺める愚か者もいる。
人は原則平等だが、最低限度の生活が保障されているだけで、
プラスαの部分については平等ではない。
金銭的なものは、後からついてくるものとして、
子供が自身を成長させるために、親身になってくれる存在が欠かせない。
時には愛情を、時には厳しさを、人が人生において必要なものを、
子供の時に与えるシステムが不可欠だ。
親がまともであれば、当然親が担う責務だが、
そうでない子供たちには、国が手を差し伸べなければならない。
この世に生を受けたからには、
すべての子供が幸せと感じることができる環境を整えてあげたい。
それがジレンマで終わらないために、私たちは何をすべきなのか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村