Archive for 河野順一

愛子さま19歳に 大学初登校で水色カーデにお着替え…同級生に「敬宮愛子です、よろしくお願いします」

愛子さま19歳に 大学初登校で水色カーデにお着替え…同級生に「敬宮愛子です、よろしくお願いします」(文春オンライン)

大きくなられた。
年齢の節目ごとに、報じられるその成長を見守る国民の側は、
さながら、遠くに離れて住む祖父母の心境だ。
這えば立て、立てば歩めの親心。
清楚に、穏やかに、しとやかに微笑み、優しく手を振られる愛子様は、
気品にあふれている。
また、天皇陛下にそっくりの容姿、立ち居振る舞いをされている。
代々、脈々と続く、天皇家の血の濃さをうかがい知るものでもある。
秋篠宮家のお子達もそうだが、
多感な時期に、衆人環視のもと、
プライベートが極端に制限される生活を送られていることは、
さぞストレスが多いことだろう。
安定した暮らしを望むか、自由を望むか。
自由はあるが不安定な環境に身を置く凡夫には、
敷かれた人生のレールを進まれる皇族方の、
生活は、極めて不自由に映る。
個と公のせめぎ合い。
遠くに住む祖父達は、貴女がトータルで幸せに過ごされることを祈ります。
お誕生日おめでとうございます。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「休日」理由に弁護人選任の手続きを怠る 滋賀県警草津署、弁護人不在で取り調べも

「休日」理由に弁護人選任の手続きを怠る 滋賀県警草津署、弁護人不在で取り調べも(京都新聞)

大きな問題だ。
「担当者らが事務手続きに十分な理解がないまま、『週明けすぐに対応すればいい』という誤った認識を持っていた。同課には指導を行っており、再発防止に努める」
では済まされないのではないか。

私達も、行政がすることには誤りがない…との認識は持たないほうがいい。
逮捕されることなど、一般人には、まずないことだから、
慣れていなくて当然だ。
しかし、自身の権利を守るための最低の知識を持っていなければ、
いざという時に、この容疑者の男性のように人権を侵害されてしまうことになる。
監督署の扱いも同じだ。
不当、越権ともいえる行為が散見される中、
昨年、厚生労働省の監督部門のトップに、代議士の議員会館事務所で対面したが、
「現場に徹底しているが、それでもなお署員に不適切な対応があれば、
いつでも教えていただきたい」
と言質を取っている。

人間のすることだから過ちはある。
それは致し方ない。
しかし、組織をあげて過ちを犯してはならないだろう。
自身の権利は、自分で守らなければならない。
権利のための闘争だ。
知ると知らぬは、天地の差!

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

殺処分された大量のミンクが地上に…怪現象に「逃げろ」

殺処分された大量のミンクが地上に…怪現象に「逃げろ」(朝日新聞デジタル)

地獄絵図さながらだ。
さ殺処分は、豚コレラや、鳥インフルの際、
日本でも、お馴染みの光景といえる。
防護服を着た作業員は、原発事故の福島を思い出す。
病原体の封じ込めに、動物たちの多くの命が犠牲になる。
そうでなくても、彼らは殺されるために飼育されているのだが、
本来の用途以外で、命を落とさなければならないのは無念か。
命の重みを感じると、とにかく切ない。
殺される動物も、その所有者も、また、殺害する側も、
立場は違うが、複雑な思いが交錯するに違いない。
いずれにしても、こうした悲しい出来事を減らすには、
コロナの終息を願うしか手立てがない。
人間の非力さを痛感する。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「神に最も近い人間」マラドーナ氏を悼む、母国アルゼンチン

「神に最も近い人間」マラドーナ氏を悼む、母国アルゼンチン(AFPBB News)

卓越した能力を持ち、ここ一番でその能力を発揮できた人を偉人と呼ぶ。
人々の期待に応え、その偉業を重ねた人は「神に最も近い人間」になった。
しかし、それでも人間は人間。薬物に手を染めた。
少々の過ちを起こしても、この国の国民は寛容だ。
最後までこれだけ熱狂的なファンがいても、いやいたからこそ、
「神に最も近い人間」は、
プレッシャーが半端なかったのだろう。
人々が望む自分であり続けなければならない…との呪縛は、
偉人の寿命を縮めるのに十分な説得力を持つ。
お疲れ様。
あちらの世界で、純粋にサッカーを楽しんでほしい。
合掌

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

桜を見る会

「桜を見る会」前夜祭問題、2020年版“盤面解説” ~「ウソに嘘を重ねた説明」の結末(郷原信郎 | 郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表弁護士)


安倍氏の聴取はある? 首相辞任で風向き変わった「桜を見る会」、今後の捜査は(前田恒彦 | 元特捜部主任検事)

「桜を見る会」の風向きが変わった。
首相に、「前」の冠がついた途端、
ウソの追及が加速している。

権力の座は堅固だが、一旦退いたら見るも無残だ。
前首相は、気が気でない日々を過ごしていることだろう。
息のかかった検事総長を就任させることに、
失敗したツケは大きい。
特捜は、大物の不正を追及する事件に飢えている。
サバンナで狩りをする肉食獣のように、
虎視眈々と獲物を狙う。

人は往々して、権力の座に長くいると、
自分の立ち位置を正しく判断する能力が鈍るものだ。
周囲が権威に頭を下げているにもかかわらず、
自身の能力に下げていると大きな勘違いをする。
それが自惚れの強い人間の悲しい性ともいえる。
だから職権を濫用して、在職中に美味しい思いをし、
職を退いた後に手痛い洗礼を受けるのである。

「桜を見る会」に、検察はどこまで真実のメスを入れられるか。
世間の耳目は、否が応でも高まる。
地検は張り切るだろう。
相乗効果で、どこまで頑張れるか。
その仕事ぶりに期待したい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

巨人、史上初の屈辱目前 打線沈黙で3連敗―プロ野球日本シリーズ

巨人、史上初の屈辱目前 打線沈黙で3連敗―プロ野球日本シリーズ(時事通信)

巨人・大鵬・卵焼き…はもはや死語か…
強いものが強くないと、締まらない。
関東人は、ともかく負ける巨人を観たくない。
試合は時の運かもしれないが、
巨人は勝たなければ意味がない。
ファンはさぞかし落胆していることだろう。
プロは、与えられた場面で、きっちり仕事をしなければ評価されない。
こと、野球において、打線の「沈黙は金」ではない。
伝統の巨人軍、不滅の巨人軍は、
勝たなければならない。
酷なようだが、それが巨人軍の使命である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「東京→兵庫・淡路島」で生活は?心境は? パソナ「移転」発表3カ月、移住社員に聞く

「東京→兵庫・淡路島」で生活は?心境は? パソナ「移転」発表3カ月、移住社員に聞く(神戸新聞NEXT)

本社機能は、何も、東京に一極集中する必要はない。
地方に分散…大いに結構だ。
同じように、テレワークが進むということは、
まさにこうした生活基盤の移転が可能になるということだ。
人生、生活には、多様な選択肢があってよい。
むしろある方が望ましい。
様々な人がいて、様々な可能性があって、
個々が其々に輝ける場の選択肢が広がる。
ワクワクするではないか。
首都圏に人が過密し、交通網が幾重にも地下に展開され、
陥没の危険性におびえながら日々を暮らすより、
どんなに自由で開放的だろうか。
ああ地方の美味しい空気を、
腹いっぱい吸いたくなってきた。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

娘に「諦めよう」とは言えなかった…家族とディズニー訪れた会社員

娘に「諦めよう」とは言えなかった…家族とディズニー訪れた会社員(読売新聞社)

今年はコロナの影響で、我慢と忍耐の年だった。
計画していたことができない。
事業が立ちいかない。
そして何より対応が後手後手に回る。
青天の霹靂で、潤った業種はごく一部期限られ、
その大半が存亡の危機に立たされているといっても過言ではない。
こうなっては、誰が悪いというわけでもないが、
悲しいかな政治の無策、無能を感じる。
強いリーダーシップをとれる人がいないことを露呈している。
出口が見えない状況に、国民は諦観している。
さすがに、これまで何の縛りもなく自由を謳歌してきた人たちに、
自粛を自己責任として任せることには限界があるだろう。
国民の健康と、経済の両輪を維持できるのだろうか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

ブラジルで入院半世紀、男性力尽きる SNSで多くの人に励まし

ブラジルで入院半世紀、男性力尽きる SNSで多くの人に励まし(時事通信社)

与えられた場所で、一所懸命生きる。
半世紀以上の長きにわたり、病床という限られた場所に身を置きながら、
人々に励ましを与えることができる人は、そうそういない。
良い笑顔をされている。
人はとかく不平不満をいう。
出来ないことを社会や人のせいにするなど、責任回避に走りがちだ。
身体が不自由な方がおかれたその場所で頑張っておられるのに、
健常者であるにもかかわらず、
そうした戯言を言うのは実に恥ずかしい。
運命を受け入れ、逍遥として日々を重ねる。
人生は人それぞれ。命の数だけドラマの主人公が存在する。
「生きていることは、それだけで価値がある」
生かされているという日々の感謝と共に、
発信し続けることは人々を感動させるに値する。
彼が精一杯生きた証は、人々の心に強烈に記憶されるだろう。
長い間、お疲れ様。
合掌

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

トランプ陣営、選挙結果覆すための戦略変更 法廷闘争の不発で

トランプ陣営、選挙結果覆すための戦略変更 法廷闘争の不発で(ロイター)

往生際の悪い人間は実に見苦しい。
たれが見ても黒白がついているものを
無理やり覆そうとする姿勢は、
歴代の米国大統領の姿勢に反する。
そうこうしているうちに、世界の情勢は思わぬ方向を向く。
特に警戒しなければならないのは、中国の動きだ。
アメリカの政治の空白を狙って、不穏な動きが取りざたされている。
台湾はどうなるのか。
その先、尖閣列島に触手を伸ばすことだろう。
尖閣列島の先は、沖縄なのではないか?
ロシアの対ウクライナ政策を手本に、
中国は虎視眈々と勢力をのばしていくことだろう。
トランプの往生際の悪さは、
対岸の火事では済まされそうもない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

古刹を彩る大イチョウ 裏山のモミジと競演

古刹を彩る大イチョウ 裏山のモミジと競演(神戸新聞NEXT)

今週は実に暖かだった。
11月だというのに、コートの出番はなかった。
九十九里浜では、ハマグリが大量に浜辺に打ち上げられていたというが、
これも、海水の上昇が影響しているのではないかと
専門家がコメントしていた。
しかし、こうした写真を見ると、
季節の移り変わりを感じる。
四季折々の美しさを愛でながら、
歳月を重ねていることへの感謝を覚える。
日々の喧騒に飲み込まれるのではなく、
仕事を楽しみながら、
四季の変化を呼吸する余裕を持ちたい。
よりよく生きるということは、心のありようでもある。
コロナが落ち着いたら、旅に出よう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「感染制御と経済起動」 理想と矛盾ここでも「GoToイート」

「感染制御と経済起動」 理想と矛盾ここでも「GoToイート」(STVニュース北海道)

ここにきて、全国への急速な感染拡大が連日ニュースのトップを占めている。
過去最大の患者数にも関わらず、緊迫感は当初より薄い。
狎れというのは、かくも恐ろしいものか。
あまり神経質になっても窮屈だ。
かかるものはかかる。
…とはいうものの、
自身で感染予防を徹底すればリスクはかなり軽減されるはずだ。
密は避ける。
うがい手洗いの励行。
規則正しい生活で、ストレスをためない。
これでもり患してしまうのならば、打つ手はないのかもしれない。
有効なワクチンが開発されたとの報道もあるが、
実用化はまだ先らしい。
その効果も、未知数が多い。
そうすると、私たちは、今、すべきことをしたうえで
この瞬間を、
一所懸命生きるほかない。
陽転志向に活路を見出すしかない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

週刊エコノミストに掲載されました

エコノミスト

所長の「同一労働同一賃金」の記事が掲載されました。

どうする? 同一労働同一賃金

84 パート・有期雇用労働法 就業規則見直し6ステップ ■河野 順一

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

福島第1原発敷地外の地下水からトリチウム 継続的検出 東大など研究チーム

福島第1原発敷地外の地下水からトリチウム 継続的検出 東大など研究チーム(毎日新聞)

3.11の光景は、あの衝撃的な残像は、
今も人々の目に焼き付いている。
当時はあれほど気になった放射能物質だが、
のど元過ぎれば何とやらで、
ふるさとを追われた方以外は、
切実な関心を持っていないのではなかろうか。
悲しいかな、人間は忘れる動物である。
負の出来事は、時間の経過とともに記憶が薄れなければ、
生命維持ができない側面も否定できない。
しかし、現実として、
棚上げされた除染の問題は、今も当時も変わっていない。
おそらく、3.11をリアルタイムで経験した人が、
生きている間に解決を見る日はないだろう。
事実は事実として、
それを知る人が世間に啓蒙活動をしてもらわなければならない。
そして、政府は発信された情報を真摯に受け止め、
解決策を模索しなければならない。
そこに、頼るべきカンペは存在しない。
一国の主は、紙に書かれた文書を棒読みするのではなく、
自分の言葉で、国民に発信すべきだ。
福島原発の問題は、まだほんの序章に過ぎない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

新刊が出ました

どんとこい

行政の不当な命令から会社を守る身近なバイブル! 数ある労務トラブルのうち「未払い残業代と解雇に関する問題」にスポットを当て、社会保険労務士と労働基準監督官とのやり取りを物語風に読みやすく4部仕立てで解説。不当に国民の自由を制限し、権利を侵害する行政の越権行為から身を守るため、難解な法律用語を口語体で身近な問題として取り上げ、小説仕立てに構成して解説。多くの中小企業の経営者の方、会社の人事労務の担当者の方、社会保険労務士、その他弁護士をはじめとする士業の方における、日々の業務の一助に。

Amazonでのご購入はこちら

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ