Archive for 河野順一の野球

イチロー30打席無安打

イチロー30打席無安打 代打で凡退(日刊スポーツ)

ここまで結果が出ないと、「限界」や「引退」という声が大きくなってくるだろう。
それを決めるのはもちろんイチロー自身であるが、本人は不振が続いても戦う気持ちを失ったりはしないだろう。
問題は、起用する側がどこまでイチローに出場機会を与えるかにかかっている。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

8月6日は背番号「86」に統一

広島カープ、8月6日公式戦 背番号「86」に統一(TBS系(JNN))

最初、「86」が何を意味するか分からなかったが、理由を知って深く頷いた。
そういう者がいるからこそ「86」を背中にカープの選手たちが8月6日に戦うことに大きな意義があるのだろう。
広島原爆忌を次世代に継承するための意義深い企画、ぜひカープの勝利を期待したい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

セ・リーグ全球団借金

プロ野球:珍事!ついにセ全球団借金(毎日新聞)

最終的に借金のあるチームがセ・リーグ優勝ということもあるのだろうか?
そうなると、どのチームがクライマックスシリーズを制したとしても、シーズン負け越しのチームが日本シリーズに出ることになる。
日本シリーズの権威など吹き飛んでしまう事態だ。
それはそれで見てみたい気もする…。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

オールスター、畠山選手落選

マツダオールスターゲーム2015 出場選手

セ2冠ヤクルト畠山、球宴選出ならず 監督「残念」(日刊スポーツ)

先日の記事で「セ・リーグも畠山和洋選手などの長距離砲が選出されるだろう」と書いたが、
畠山選手は選出されなかった。
出場選手を見ると、セ・リーグは畠山選手を欠いてパ・リーグの強力打線と対抗するつもりなのだろうか。
同じ一塁には巨人の阿部慎之助選手がいる関係上、落選させたとしたら、あまりにひどすぎる。
セ・リーグの監督として監督推薦の選手を先行したのは、その巨人の原辰徳監督だ。
今季の巨人の戦いぶりと同じく、情けない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

オールスターファン投票結果

オールスターファン投票/セ・リーグ選出選手一覧(日刊スポーツ)
オールスターファン投票/パ・リーグ選出選手一覧(日刊スポーツ)

プロ野球のオールスター戦(正式には「マツダオールスターゲーム2015」というそうだ)のファン投票結果が発表になった。
大谷翔平投手は、以前は打者として選出されていたが、今回は投手としての選出で、オールスターでも二刀流の本領発揮といったところだ。
選出された選手を見ていると、パ・リーグの選手の方が実力的に圧倒しているように思える。
中村剛也選手、中田翔選手、浅村栄斗選手、森友哉選手の大阪桐蔭高校出身者で構成する打線は破壊力抜群だ。
さらに今年安打を量産している秋山翔吾選手や、3割30本30盗塁の期待がかかる柳田悠岐選手なども今から打席に立つ姿を見るのが楽しみだ。
対するセ・リーグの打者は…迫力で対抗できるのは筒香嘉智選手くらいではないだろうか。
この後、監督推薦の選手が発表されるので、そちらでセ・リーグも畠山和洋選手などの長距離砲が選出されるだろうが、パ・リーグはパ・リーグで20本塁打を放っている松田宣浩選手が控えている。
交流戦と同じく、パ・リーグがセ・リーグを粉砕する結果になるのではなかろうか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

早実・清宮選手に期待

「大ちゃん」以来、早実・清宮ルール/西東京(日刊スポーツ)

「和製ベーブ・ルース」との異名を取る清宮幸太郎選手がいよいよ甲子園への戦いに参戦する。
すでに今春の高校入学以来12本塁打を放っているという、その驚異的打撃力が西東京大会の予選でも爆発するのか、興味津々である。
投手力に難のあるという早実が西東京大会を勝ち抜くことは難しいかもしれないが、予選から今年の夏が、清宮選手の登場に拠って大きな盛り上がりを見せることは間違いないだろう。
かつての清原や松井選手も、現在のスラッガーである中田翔選手や筒香嘉智選手も、甲子園に出場している。
ぜひとも、清宮選手も甲子園の土をできれば一年目から踏んで、その打棒を披露してもらいたいものだ。
ただ、現在日本人最高のホームランバッターである(と私が考える)中村剛也選手は、強豪大阪桐蔭高校に在籍しながらも、甲子園出場はかなわなかったので、甲子園だけが全てではない。
大切なのは、才能と人間性が大きく育つこと。
ラグビーの名将である清宮克幸監督のご子息である清宮選手にはその両方を期待したい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

巨人矢野が日ハムへトレード

巨人矢野、須永 ハム矢貫、北が交換トレード(日刊スポーツ)

勝負強い打撃が印象的だった巨人の矢野選手を最近見かけないと思っていたら、トレードされるという。
生え抜きの選手がいなくなるのは寂しいものがあるが、選手起用の巧みさに定評のある日本ハムから求められたならば、きっと出番も増えることだろう。
人は望まれる場所で働くことで、潜在能力がさらに開花することがある。
矢野選手の新天地での活躍を期待したい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

阪神が藤川獲得の方針を固める

阪神が藤川獲得の方針固める(デイリースポーツ)

どうやら阪神は藤川投手を獲得するようだ。
それだけ、阪神にとっては特別な存在だということだろう。
ただ、松坂投手の現状を見ると、同じトミー・ジョン手術を受けている藤川投手にどれだけの投球ができるか不安ではある。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

阪神に藤川球児は必要なのか

阪神に藤川球児は必要なのか――先発転向は可能?――(THE PAGE)

かつて阪神タイガースで「JFK」と呼ばれる救援トリオの一角を担い、その浮き上がるような直球で三振を奪い続けた藤川球児投手。
怪我の影響もあって、メジャーリーグは結果を残せなかった藤川投手に、古巣阪神復帰の話題が持ち上がっている。
全盛期の投球が確実にできるというのなら、阪神どころかどの球団も獲得に動くだろう。
しかし、今の藤川投手には「話題性」「将来の指導者として」などの前提条件がつかないと、古巣阪神であってもなかなか獲得に踏ん切りがつかないだろう。

藤川投手は現在34歳だそうだ。
メジャーリーグで今も抑え投手として活躍中の上原浩治投手は40歳だから、その年令に比べればまだまだ若い、ともいえる。
しかし、投手の肩肘の状態は個人差があり過ぎて、年齢だけでは何もわからないに等しい。
仮に阪神が獲得するなら、怪我からの復帰間もないということで、抑えではなく先発投手として起用されるという話もある。
球団と本人が決めることだが、阪神に復帰することで、良い時のイメージが崩れてしまいかねないのが果たして本人に取って良いことかは疑問である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

イチロー選手、ルース超え2874安打

イチ「神様」ルース超え2874安打も実感わかず(日刊スポーツ)

偉大な記録を抜き去るとき、偉大な先人の姿が再び浮かび上がってくる。
イチロー選手との比較で、ベーブ・ルースという偉大な強打者を各種の記事が取り上げてくれ、その姿に触れられるのは野球ファンにとって幸せなことだ。
将来、イチロー選手の記録を抜き去る日本人選手が出現するのだろうか。

現在打率2割9分2厘と好成績を残しているイチロー選手。
次は3000安打、今シーズン中の記録達成を期待したいところだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

イチロー、通算安打でルースに並ぶ

イチロー、ベーブ・ルースに並んだ! メジャー通算2873安打(サンスポ)

ベーブ・ルースがメジャーリーグでデビューしたのは1914年であったという。
つまり、今から一世紀も前のことである。
歴史的存在であり、伝説的存在である強打者ベーブ・ルースがメジャーリーグで積み重ねた本塁打数は714本。
そして、安打数は2873本である。
かつて、王貞治氏がベーブ・ルースの本塁打記録を抜いたときには、日本球界とメジャーリーグとでは記録の価値が違うという声もあった。
しかし、今回のイチローはメジャーリーグという同じ戦いの場に身を置いて、ベーブ・ルースと肩を並べる安打数を達成した。
時代の違い、そして長距離打者と巧打者という違いはあるにせよ、正真正銘掛け値なしの偉業達成といって良いだろう。
その偉業を「第4の外野手」で迎えたシーズンという不安定な立場で達成したことも特筆されよう。

もはや、「日米通算」などという概念を持ち出さずとも、イチローは歴史に名を残し、伝説となることは確定である。
いつかイチローがバットを置く時、「2873」という数字がどこまで増えているのだろう。
まずは「2874」として、ルースの記録を抜かなければならない。

そして、「3000」という数字をゴールではなく「通過点」として迎えるイチローを一日も早く見たい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

堂上選手、目測を謝るも気迫で捕球

堂上、マルチ&スーパーキャッチ!1軍昇格4戦で5安打!(スポーツ報知)

巨人・堂上 気迫ダイブ捕球!目測誤るも大飛球つかんだ(スポニチ)

素晴らしいプレイに思えたが、野球に詳しい職員に聞いたところ、この堂上選手は守備が下手だそうである。
目測を誤ったがゆえに、結果として美技になってしまったわけだ。
しかし、「結果」がプロの世界では一番大事なのだ。
たとえ、誤りがあっても、そこで諦めずに最後まで立ち向かっていく。
堂上選手が結果を生み出した気迫を見習いたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

大田が今季初本塁打

大竹、今季初勝利!大田1号!広島に連勝(スポーツ報知)

大田が今季初本塁打である。
4番を外れて1番打者となって気が楽になったせいで本塁打が出たかどうかはわからない。
できれば4番で起用し続けてほしかった。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

2015年プロ野球順位予想

いよいよ今年もプロ野球が開幕を迎える。
そこで今年も順位予想をしておこう。

まずはセントラル・リーグから。

1位 阪神タイガース
2位 読売ジャイアンツ
3位 広島東洋カープ
4位 横浜DeNAベイスターズ
5位 東京ヤクルトスワローズ
6位 中日ドラゴンズ

このように予想した。
今年は巨人優勝という予想はしないことにした。
戦力的には図抜けているものの、故障者不調者が多いのが気がかりだ。
阿部慎之助選手が捕手から一塁手へコンバートされたことで、打力はアップするかもしれないが、投手陣のリードの面では阿部選手の代わりに2年目の小林捕手、移籍したばかりの相川捕手が務めるとなるとかなりの戦力ダウンだろう。
しかもその阿部選手自体が年間を通じて働けるかどうか不安視されているため、打力アップの貢献度も低いかもしれない。
加えて、原監督が昨年猫の目のように打線を組み替えた悪影響が今年出るような気もする。
輝かしい球歴を持った選手の集まりである巨人の場合、スターティングラインナップを下手に動かすより、腰を据えて自らの役割に専念できる環境を整えたほうが良い筈だ。
大田選手にしても、オープン戦で四番に据えたまま我慢の起用ができず、一番を打たせたりしている内に怪我をしてしまった。
原監督は他にも疑問符がつく指揮が多い。
たとえば、村田を二軍に落としてすぐ引き上げるような中途半端なことをしているようでは駄目だろう。
村田は前半戦全て二軍に置くくらいのことをしなくては変わらないだろう。
それはともかく、巨人は不安材料は多いものの、普通にやれば優勝候補ではあるので2位にしておいた。

では、優勝はどこのチームか、といえば阪神である。
阪神は球団創設80周年であり、あの1985年のバース・掛布・岡田を擁しての日本一からちょうど30年ということで、1位にしてみた。
ただ、四番ゴメス選手が二年目で研究されると、苦しいかもしれない。

広島は黒田投手復帰で盛り上がること必至ではあるが、打線がエルドレッド選手の故障や、堂林選手に成長が見られないなど貧弱なため、良くて3位というところだろう。
横浜の戦力が充実しつつあること、ヤクルトの強力打線を考えると、Bクラス落ちの可能性もあると思う。

オープン戦好調だった横浜を4位にしてみた。
投手陣が整備され、四番に座る筒香選手のさらなる成長が期待される今季、台風の目となるのはこの球団だろう。
中畑監督以下チーム全体で、今年こそ悲願のクライマックス・シリーズ出場をかけて必死で戦うことだろう。
勢いに乗れば3位、2位もあり得るかもしれない。

ヤクルトは打線の破壊力は凄まじいが、投手力に不安を抱えているため5位とした。
昨シーズンブレイクした山田哲人選手には3割30本塁打30盗塁のトリプルスリー達成を期待したい。
投手から打者へ転向後、ようやくその才能が開花した雄平選手が今年は四番を打つようである。
こちらは3割30本塁打100打点を期待したい。
ミレッジ選手もオープン戦でホームランを連発している。
オフに手術をしたバレンティン選手が4月中旬に復帰予定だそうなので、
山田川端バレンティン雄平ミレッジ畠山と続く破壊力抜群の打線が完成すれば、1985年の阪神を上回る勝ちっぷりを見せてくれるかもしれない。
5位予想なのが申し訳なくなってきた。

中日は高齢化し過ぎて活気が感じられないため最下位。
谷繁兼任監督、山本昌投手ともに今年で引退ではないだろうか。
大島選手に対しての落合GMの発言など、チームに内紛の要因もあるようで、上位進出は厳しいだろう。
高橋周平、福田永将あたりの若手を積極起用するなどして、チームを変革する時期だろう。

次はパシフィック・リーグ

1位 千葉ロッテマリーンズ

千葉っ子の私としては今年も千葉ロッテの一択。
残りの予想は皆さんにお任せしよう。

全12球団、それぞれの健闘を祈る!

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

大田二塁打二本

大田、二塁打!二塁打「一日一日が勝負」(スポーツ報知)

最近は大田選手応援ブログと化している感のある河野順一ブログであるが、別に大田選手だけを応援しているわけではない。
生え抜きの巨人軍選手が活躍する姿を見たいだけだ。
特に、生え抜きの4番打者が全試合どっかりとその座に座る姿を久しく見ていない。
だからこそ大田選手への期待が高まるというものだ。
一打席目の空振り三振には厳しい野次も飛んだという。
しかし、その後二塁打二本と結果で見返した。
つらく苦しい道程だとは思うが、「苦しい時が上り坂」という言葉もある。
このまま開幕4番へと上り調子で向かっていってほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村