Archive for 河野順一の雑感

高齢者にリスク高い薬、80代処方ピーク 睡眠・抗不安

高齢者にリスク高い薬、80代処方ピーク 睡眠・抗不安(朝日新聞デジタル)

他人ごとではない。
私はまだ80代ではないが、従前より多くの薬を服用している。
効いているのかいないのか、体は耐性を持つため、
長期間服用していると効き目が弱くなっているように思う。
服用していると、なんとなく安心感があり、
服用を止めると不安になる。
いわば、薬は、精神を安定させるための、
サプリメントの位置づけかもしれない。
人には、自然治癒の能力が備わっている。
製薬会社や病院のモルモットにはなりたくない。
副作用で命を落としたら元も子もないではないか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

60歳以上の給料穴埋め廃止へ 企業の自力対応促す、政府方針

60歳以上の給料穴埋め廃止へ 企業の自力対応促す、政府方針(共同通信)12/7

「高年齢雇用継続給付」を政府が段階的に廃止する方針だと発表された。
平均年齢が伸び、定年も年齢が上がりつつあり、
大方の団塊の世代が再就職をリタイヤする頃、
超高齢化社会は、元気なシニアが働いて当たり前の社会ともいえる。
よって、お役御免の助成金は淘汰されるということだ。
しかし、中小企業は社会保険の適用拡大もあり、
持ちこたえる体力が温存されているのか。
先行きが不安である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

19年出生数、90万人割れ確実 過去最少、推計より2年早く

19年出生数、90万人割れ確実 過去最少、推計より2年早く(共同通信)

少子高齢化の波は、とどまるところを知らない。
これは単に、結婚を望まない単身者が増え、
また、女性の社会進出により、
子育てという選択肢を、人生から排除する傾向が強いことの裏返しだ
と考えていたが、それ以上に深刻な事情が背景にはあるようだ。
それは、「不妊症」という問題。
これまで不妊症といえば、女性側の問題であり、
その昔、家制度が当たり前だった時代には、
「3年、子無きは去る」などといって、
離婚の正当な事由の一つとされていたようだ。
しかし、今、これが男性側の事情による「不妊」ということが、
大きな社会問題になっているらしい。
具体的には、若い人の4人に一人が無精子症といわれているとのこと。
(https://article.yahoo.co.jp/detail/d18137d6ce61ddf3659d9d0146020b057b275a00)
つまり、特別かつ高額な治療が施術されなければ、
ましてや、そうした高度な医療を用いてもその半数以上は
自身のDNAを後世に残すことができないというもの。
これは何も日本だけのことではなく、世界的な傾向のようだ。
専門家である医師は、原因は不明であるとしながらも、
食生活の変化や、ストレス、
また座り仕事が多いことで、常に精巣が高温になるため、
精子が死滅するのではないかとの仮説を立てている。
いずれにしても、今後出生数が激減し、
人類が滅亡することだけは回避しなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

中村医師の遺族ら現地到着 9日帰国、11日合同葬

中村医師の遺族ら現地到着 9日帰国、11日合同葬(時事通信)12/6

人道支援を率先する人物が、
どうしてこのような憂き目に遭わなければならないのか。
彼を知る人々は異口同音に、故人がした功績に対する賞賛が聞かれ、
志半ばで鬼籍に入った故人の無念さを想いむせび泣いていた。
世の中には、人の迷惑になることしかしないような愚者がいる反面、
清貧かつ崇高な志完遂に、万難を排し邁進する賢者がいる。
ああ、そういえばキリストも無実の罪で十字架にかけられた…。
まちがっても、こういう人を殺害してはならない。世界の損失だ。
やり場のない憤りを覚える。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

菅氏「復元できないと聞いてる」 桜を見る会招待名簿の電子データ

菅氏「復元できないと聞いてる」 桜を見る会招待名簿の電子データ(共同通信)

国民を愚弄している。
長期政権は、血税を負担する国民を蔑ろにしている。
一般常識では考えられない理論を、
まことしやかに述べることがそもそもの誤りである。
どの様な権限に基づいて、行動しているのか。
財源は誰の懐から捻出されているのか。
それらを総合勘案してもなお、為政者の身勝手な論理が勝るのか。
とても民主政治とは程遠い。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「勇気与えた」「頑張りたい」 核廃絶演説に被爆者や若者 ローマ教皇訪問

「勇気与えた」「頑張りたい」 核廃絶演説に被爆者や若者 ローマ教皇訪問(時事通信)

権威者の言動には重みがある。
時には人を勇気づけ、また時には希望となる。
そうした人々の畏敬の念を集められる人物は、当然に徳が備わっている。
頭が良いとは別に、人間としての奥深さ、包容力があるのだ。
側にいるだけで安心する。
一緒の空間を共有しているだけで、心が穏やかになる。
これからの時代は、そうした人物が必要とされるだろう。

【ただいるだけで】
 あなたがそこに
ただいるだけで
その場の空気が
あかるくなる

あなたがそこに
ただいるだけで
みんなのこころが
やすらぐ

そんなあなたに
わたしもなりたい
           相田みつを

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

パパのスキル大丈夫? 男性の「育休義務化」で家庭も混乱

パパのスキル大丈夫? 男性の「育休義務化」で家庭も混乱(NIKKEI STYLE)

これまで、育児休業、介護休業など、
現行の休業の形が民間に普及する前、公務員で試行錯誤がされていた。
この度は、男性の育児休暇の義務化である。
確かに、男性の育児休暇取得は理想であり、男性が子育てに参加することで、
少子高齢化に歯止めをかけるきっかけになるかもしれない。
しかし、そもそも子育ての基本は母子である。
男性がいくら逆立ちしたところで、出産することはできない。
10か月もの間、体内に子を宿した女性と男性とでは、
子供の側の求めも異なるはずだ。
制度の義務化は、十分な内容の検討があった先でよいのではないか。
多様化するライフスタイルに、柔軟に対応できるスキームが求められる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

羽生、NHK杯3年ぶり4度目Vでファイナル進出

羽生、NHK杯3年ぶり4度目Vでファイナル進出/フィギュア(サンケイスポーツ)

王者の貫禄は全身を漲る。
多くのケガに苦しみ、その中でも確実に成績を残す羽生選手。
今回は、余裕の4回転ジャンプを何回も披露し、観客を熱狂させた。
繊細な滑らかな演技は、大陸の覇者と決定的に異なる。
フィギアスケートは芸術性が高い競技である。
女子は、上位陣の入れ替わりが激しいが、
何といっても男子は、絶対王者の羽生選手の牽引が大きいだろう。
完全復活に、ファンは大忙しなシーズンになるはずだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

NTTのAI、センター試験の英語筆記で偏差値64突破 “試験対策”に工夫 「東ロボ」プロジェクトの一環

NTTのAI、センター試験の英語筆記で偏差値64突破 “試験対策”に工夫 「東ロボ」プロジェクトの一環(ITmedia NEWS)

どこまで人工知能は発達するのか。
人の代わりに何ができて、何ができないのか。
新しい技術は、私たちの知らない部分で、目に見える部分で、
どんどん取り入れられている。
便利になることは良い。
しかし、人間の働く場所がなくなること、
人々が思考をめぐらすことが、停滞するのは困りものだ。
いい加減で、人と機械が融合してほしいものだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

[ピアニスト 西川悟平さん]演奏時に手が硬直 医師に「一生弾けない」と言われ、死のうと…世界を変えたのは「7本の指」

[ピアニスト 西川悟平さん]演奏時に手が硬直 医師に「一生弾けない」と言われ、死のうと…世界を変えたのは「7本の指」(読売新聞(ヨミドクター))

パナソニックの宣伝に出演していた西川氏を知ったのは、2年ほど前だ。
世にも不思議な病気があるものだと思った。
他の生活は何の支障もなくできるのに、
ことピアノに向かうと、指が動かなくなる。
その苦しみは、なかなか周囲に理解されず、
練習を怠けたいがための詐病のように受け取られたこともあったようだ。
人の精神は、精緻で、私たちの理解をはるかに超えて繊細だ。
氏は言う。
7本の指で引く自分は、ピアノのテクニックでは、
10本指のピアニストに適わないが、
一音一音に魂を込めて弾くことには、負けずと劣らない…と。
深みがある氏の発する音色は、聞くものの心に深く染み入る。
特に、氏が再生のきっかけとなった、
プーランクの、「エディットピアフに捧ぐ」は、魂を揺さぶる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

《不適切飼育を告発》「天才!志村どうぶつ園」の白井家 “飼い犬に殺処分危機”“ヤギに落書き”

《不適切飼育を告発》「天才!志村どうぶつ園」の白井家 “飼い犬に殺処分危機”“ヤギに落書き”(文春オンライン)

やらせはいけない。
これまでも、様々な局の様々な番組が、同様な指摘を受け、
番組がお蔵入りになっている。
そうであるにもかかわらず、番組の通知書とでも言うべき、
視聴率の呪縛から、作り手は同じ過ちを犯している。
動物を献身的に飼育する家族の在り方は、
番組の作り手のフィルターを通して、
実に好意的に仕立てあがっていてた。
その一方で、飼育動物に対して虐待に近いことが行われ、
近隣住民には、他当該特有の理由で迷惑をかけていたとなれば、
それは、余りに事実と反するではないか。
しかし、これは一方当事者の言い分であるため、
弁明は聞くべきであると思う。
いずれにしても、多くの動物に幸せでいてもらいたい。

インフルエンザ流行シーズン入り 例年より早い

インフルエンザ流行シーズン入り 例年より早い

朝晩は、めっきり寒くなった。
10月は、雨空ばかりだったら、ここの所の青空は、実にすがすがしい。
しかし、それは乾燥の時期の到来でもある。
今年も、インフルエンザの時期がやって来た。
人混みでは、感染のリスクも高くなる。
外出から帰ってきたら、手洗いうがいは欠かしてはならない。
同時に、免疫力を高める努力をすること。
具体的には、体調管理を十分に行い、
耐性を作るに限る。
この厄介なシーズン、皆さまにおかれましては、
どうぞ、くれぐれもご自愛ください。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

桜を見る会中止 首相「私の判断」

桜を見る会中止 首相「私の判断」(毎日新聞)

国民の血税が、また不適切に支出されていたようだ。
国民は、国が適正に歳費を使っていることを、確認する術に乏しい。
おそらく、適切だろうと信頼するしかない。
そうした信頼に対する裏切りというべき行為が、随所で発覚する。
財源が不足すれば、国民に負担させればいい。
わからないように上手にすればいい。
その様な理由で、消費税を上げられ、
中小企業のパート労働者に対する社会保険の適用が拡大されたのでは、
国民は踏んだり蹴ったりだ。
日本国民は、もう少し香港国民を見習ったほうが良いかもしれない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

加山雄三 軽い脳梗塞で公演延期を発表 今のところ病状による症状なしも「しばらく時間をください」

加山雄三 軽い脳梗塞で公演延期を発表 今のところ病状による症状なしも「しばらく時間をください」(スポニチアネックス)

82歳にして現役。病気の一つや二つはあって当たり前だ。
生涯現役で、人に求められる存在であり続ける生き方は、
世の、シニア世代の羨望である。
本人の努力もさることながら、
長く支えてくれるファンの力添えがあってのことだろう。
病気を治し、早期の復帰を願うところだ。
70の齢を優に超えた私も、他人ごとではない。
私を必要としてくれる人がある限り、労働法の伝道師として、
生涯現役で、全国行脚を続けていきたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「雅子さまと目合った」「雰囲気味わいたい」見えても見えなくても沿道興奮

「雅子さまと目合った」「雰囲気味わいたい」見えても見えなくても沿道興奮(THE PAGE)

東京は、秋晴れの良い天気。
パレードにはもってこいの天気だった。
都内は、数日前から各所に警察の検問所が配され、
物々しい雰囲気だったが、無事大きな行事が行われた。
大勢の国民が祝福し、
令和が粛々と歩みを始めている。
やはり皇室は、天皇陛下は我が国の象徴だ。
新しい時代は、良き時代であってほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村