Archive for 河野順一の雑感

厳冬

今日は寒かった。
犬の水入れには、分厚い氷が張っていた。
さながら、ガラスの皿のよう。

手袋がない手は、痛いほどかじかみ、
顔も、耳も、冷たいを通り越して痛かった。

大雪に見舞われている地方の皆さん。
くれぐれも行動には気を付けてください。
命あっての物種です。

白血病で長男を失った青木さん夫妻がキッチンカーで感謝の料理提供

白血病で長男を失った青木さん夫妻がキッチンカーで感謝の料理提供(上毛新聞)

難病の子供を看病している親たちは、
未来を悲観し、疲弊し、
日々生きているのがやったの状況なのだと思う。
自分たちが大変な思いをしてきたのだから、
同じ境遇の人たちを救いたい。
そのような温かな気持ちから、
未知の世界にチャレンジしているご夫婦の笑顔がまぶしい。
様々なご苦労をされている方は、ご自身が大変な思いをした分、
周囲の人にやさしい。
好むと好まざるとにかかわらず、耐えた試練の数だけ
人の話が素直に聞ける人になる。
すべての人が、自分が受けた恩を、
倍にして周囲に還元していくことが出来たら、
どんなに住みやすい世界を築けることだろう。
戦争も、民族間の争いもなくなってしまうだろう。
個々にできることは小さくても、やり続けることが大切だ。
小さなウルトラマンは、ご両親の中で大きく育ち、温かい繋がりが膨らんでいく。
それが、大切な、彼の存在意義だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

地下室の夫婦たち ウクライナ侵攻で深まる絆、時にあつれきも

地下室の夫婦たち ウクライナ侵攻で深まる絆、時にあつれきも(AFP=時事)

来週、日本では最大級の寒波がやってくると予報されている。
電気代が高くなった、ガス代も高くなった、やれ物価が上がったといっても、
まだ平穏な生活をしている時点で、幸福だと思わなければならない。
上を見ればきりがないし、下を見てもきりがない。
ウクライナの地下室に暮らす夫婦の生活を通して、
私達が学ばなければならないことがある。
それは、、今の環境に感謝する心だ。
…だったら、…していれば、
といった「タラ」「レバ」は、実生活に通用しない。
今起きている現実の中で、どう最善な生活を送るか。
それが最大の課題である。
今よりも最悪な事態を想像すれば、
「ああ、この程度で済んでよかった。」ということになる。
決して、現状を幸せとは呼べないにしても、
最悪の事態よりは幸せ…の小さな幸せを積み重ねることで、
最悪の心持ちを回避できる。
暖房もない、めったに日の目も見れない、
食料品や、生活必需品といったあらゆる物資が不足し、
命の危険を感じながら、制約だらけの生活の中、
平時では感じることがなかった、より一層の夫婦の絆。
早く、こうした劣悪な現実を過去のものとして、
深まった夫婦の絆だけを残し、笑って笑って過ごせる日を迎えてほしいものである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

来週は過去稀に見る強烈な寒波 長引く大雪や猛吹雪 低温による被害の恐れも

来週は過去稀に見る強烈な寒波 長引く大雪や猛吹雪 低温による被害の恐れも(tenki.jp)

太平洋側の関東も、さすがに冷えた。
陽の光は濃くなってきているといえども、北風が身に染みる。
いつもなら散歩をしていると体がポカポカしてくるが、
今日は寒いままだった。
来週は、猛烈な寒波が来るようだ。
冬本番に備え、心しなければならない。
近所の公園では、2月上旬に河津桜が満開になる。
一番の陽だまりに、先陣を見た。
この寒波で、彼らも凍り付いてしまうことだろう。
春はまだ遠い。

IMG_1711

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

世界最高齢のフランス人女性死去 日本の長寿記録の女性と好物は同じ

世界最高齢のフランス人女性死去 日本の長寿記録の女性と好物は同じ(朝日新聞デジタル)

生涯現役で、日々すべき仕事をこなす。
少しのチョコレートと、ワインを欠かさまい。
こうした質素な生活が、世界共通の長寿の秘訣のようだ。
チョコレートを食べられるということは、幸福である。
このチョコレートの原料となるカカオの多くは、
赤道近くの高温多湿な地域で栽培されているという。
具体的には、政界のカカオの生産量の7割を、
西アフリカ地域に頼っているのだそうだ。
そこで主に働くのは、児童。
私達がおいしくいただいているチョコレートは、
児童が働かなければならない、貧しい国々の子供たちのおかげなのだ。
そうした国の子供らは、自分たちが口にするチョコレートはない。
長寿のシニアと、子供たち。
どちらにも、笑顔でチョコレートを食してほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「最期に泣きながらだが言えた」緩和ケアに尽くした福岡の医師が残した日記

「最期に泣きながらだが言えた」緩和ケアに尽くした福岡の医師が残した日記(西日本新聞)

俗にいう「良い人」は、短い時間の中でも精一杯の働きをして、
皆に惜しまれつつ、その命を終るのだろうか。
人々の心を照らす太陽のような存在の緩和ケア医。
45歳で一昨年亡くなった、神戸の関本医師の時も悲しかったが、同じ感情を抱く。

運命を受け止めて、最後まで自分らしくどう生きるか。
その生きざまを、大切な人たちが心に刻み、受け継いでいく。
個人としての時間は短く、その早世は惜しまれるが、
人々の心に共生する生き様は、物理的な最期が究極の死ではないことを教えてくれる。
まいた種が、大地に根ざし、時をかけて大きく花開く。
その花がさらに種子を残し、生が途絶えることなく脈々と続いていく。
そうした可能性を信じつつ、生涯を閉じことは、あながち不幸なことではないと思いたい。
尊敬する父の大きな背中を見て育った子供たちが、今後、どのように生きていくのか。
周囲は、心から応援している。

合掌

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

春闘待たずに「インフレ手当」…三菱自は最大10万円・ケンミン食品「家族の人数」で一時金

春闘待たずに「インフレ手当」…三菱自は最大10万円・ケンミン食品「家族の人数」で一時金(読売新聞オンライン)

中小企業では、なかなかこのような思い切った対応ができない。
良い人材を確保するためには、それなりに賃上げをしなければならないだろう。
しかし、費用対効果が望めない場合にまで、
起業が賃上げしなければならないとしたら、
倒産は覚悟しなければならない。
仕事をしろと言って、素直にしてくれれば苦労はしないが、
何度言ったところで、同じミスを繰り返す労働者、モチベーションが極めて低い労働者も一定数いる。
経営者の想定を超える労働者の能力不足は、どうしたら解消できるのだろうか。

8対2の法則がよく言われる。
10人いたら、2人がよく働き、残りの8人はお荷物とか。
それではと、できない8人のうち、5人をやめさせると、
よく働いていたうちの一人が働かなくなるという。
つまり、5人のうち、一人しかよく働かない、8対2の法則である。

そう考えると、経営者は労働者に対して、あながち多くを望まないほうがいいのかもしれない。
労働者も仕事をしないで賃上げを望んではいけない。
いずれにしても、ノーワークノーペイである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

白川郷ライトアップ(時事通信社)

白川郷ライトアップ(時事通信社)

何と幻想的な風景だろう。
写真を拡大してよくよく見ると、寒さをものともせず、
多くの見物人が家々を囲んでいる。
日々の生活をここでしなければならないとしたら、
住民の方には雪国ならではの、大変なご苦労があるだろう。
しかし、都会の喧騒にあって、たまの訪問であれば癒しになる。
写真に撮った風景の方が美しいかもしれないが、
ぶらりと足を延ばしたくなる。
温泉につかりながら旅するのもいい。
長野県の「地獄谷野猿公苑」では、
雪景色の中、日本ザルが、
気持ちよさそうに温泉につかるのが風物詩だ。
あくせく仕事に明け暮れる人間より、
サルの方がセレブな猿生を満喫しているかもしれない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

〈埼玉・飯能3人殺害〉近所の40歳男に殺された32歳長女、“華麗なキャリア”と“家族愛”

〈埼玉・飯能3人殺害〉近所の40歳男に殺された32歳長女、“華麗なキャリア”と“家族愛”( 文春オンライン)

昨年Xmasの朝の、実に実に悲しい事件だ。
何の非もない、理想的な家族が、
卑屈な生活を送っている近隣住民の身勝手で、命を落とす。
たまたま、そこにいなければ、
たまたまそこに引っ越してこなければ、
家族には平和な日々が続いていただろうに。
偶然は企図できないが、人生を左右する要因であるならば侮れない。
コミュニティーで生活する以上、
自分たちだけが幸せであればいい…というわけにもいかない。
世間には、僻みや嫉みが渦を巻いている。
価値観の違いや、お門違いな責任転嫁で、
思わぬ火の粉が降りかかる場合もある。
個人単位でいえば、今回の事件がそうであり、
世界を俯瞰すれば、国内の民族紛争であり、国家間の戦争である。
社会全体のクオリティーが上がらないと、
こうした悲しい事象が減らないというのは実に考えものである。
三人のご冥福をお祈りする。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

「この状態続けば廃業する」 消費低迷、凶作で市場縮小…和歌山の梅干し問屋が訴えた「危機感」

「この状態続けば廃業する」 消費低迷、凶作で市場縮小…和歌山の梅干し問屋が訴えた「危機感」(J-CASTニュース)

危機感から、担当者がツイッターに訴える。
その思いが、世界に拡散する。
反響を呼び、消費者の購買意欲につながる。
何と会社思いな、なんと梅干し思いな社員なのだろうか。
じり貧の状態を何とかしたい。
その思いが、思わぬところで功を奏する。
どのような場面でも、起死回生、逆転一発があるから人生は面白い。
感じたらすぐ動く。
これが、「感動」だ。
感動した証に、早速、
会社思いの従業員が在籍する会社の梅干しを注文してみた。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

元自衛官五ノ井さん柔道指導者に 「自分が生きる姿、誰かに勇気」

元自衛官五ノ井さん柔道指導者に 「自分が生きる姿、誰かに勇気」(共同通信)

傷ついた若い心が、一定の結果を出して、
新たな道に進もうとしている。
過去、大勢の女性がそうだったように、
泣き寝入りするのではなく、
堂々と実名で闘った。
そして、一定の成果を上げた
男性社会にあって、よく、頑張ったと思う。
闘いの道のりは険しくとも、見えた頂は明るい。
生きていく自信と、同じ考えを持つ仲間と、希望の存在である。
こうした被害に合う女性が無くなるよう、
また仮に不届き者の不法行為にあっても、
それをはねのける意志が共有できる存在である。実に頼もしい。
 「自分が生きる姿、誰かに勇気」
自身の存在意義を素直に受け止める表現が前向きで清々しい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

社会保険労務士の女を逮捕 コロナの雇用調整助成金を詐取した疑い 専門知識を悪用か

社会保険労務士の女を逮捕 コロナの雇用調整助成金を詐取した疑い 専門知識を悪用か(テレビ朝日系(ANN))

社会保険労務士にも様々な人がいる。
しかし、罪を犯してまで業をするということはどういうことなのか。
国の財政にも限りがある。
その財政は、血税で賄われている。
コロナで企業の業績がおち、賃金すらまともに払えない会社に対し、
従業員の雇用を確保するために国が助成する…ひいては国民の生活を守る…
それが雇用調整助成金の意義だったはずだ。

そうした助成金制度を悪用して、
架空の労働者を作り上げて利益を得るなど不届き千万。
弁護士であれ、税理士であれ、
大勢の士業者の中には、一定程度、倫理を欠く者も存在するだろう。
しかし、このように大々的に報道されると、
周りの士業者がいい迷惑だ。
専門知識は、顧客のために正しく使わなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

人生100年「まだまだ働く」 介護のハナコさん、79歳

人生100年「まだまだ働く」 介護のハナコさん、79歳(産経新聞)

社会で求められる人材でいることが長生きの秘訣だ。
目標があって、日々をどう過ごすかを考えることで脳が活性化する。
元気で働くためには、筋力をアップする。
自助自立。
いつまでもこうした心意気が大切だ。
健康年齢を高めなければ、長生きしても楽しくない。
超高齢化社会の日本の将来、
支える側のシニアの数が増えていくことを願う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

ナースコールへの“対応遅い”と腹を立て、看護師の首をつかんで壁に…入院中の25歳の男、その場で逮捕 

ナースコールへの“対応遅い”と腹を立て、看護師の首をつかんで壁に…入院中の25歳の男、その場で逮捕 北海道函館市(北海道放送(株))

逮捕された患者は、どのくらいの時間待たされたのだろうか?
病院は、マンパワーが足りていたのだろうか?
男性看護師に暴行を働くことができる元気があるのならば
なぜもう少し待つことができなかったのだろうか。

非常に残念だ。
世の中が殺気立っているように思う。
大きく深呼吸すれば心が落ち着くものを、
些細なことで目くじらを立てて怒り過ぎるのではないだろうか。
もう少し心にゆとりを持つように努力が必要だ。

「のんびり、ゆっくり、ぼくは僕の一歩」
やちよ絵手紙の森美術館 

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

山上容疑者に現金100万円超 拘置所に差し入れ続々

山上容疑者に現金100万円超 拘置所に差し入れ続々(産経新聞)

法治国家において、山上容疑者がしたことは間違いなく犯罪だ。
そこに酌量の余地があるか無いか。
判断するのは裁判官だ。
同じ苦しみを持つ人が、
彼らの声を代弁して犯罪を完遂したことに正義はあるか。
他に取るべき方法はなかったか。

治安が良い国で、人を殺すと犯罪になる。
それが、ひとたび戦争になると、
敵を殺すことが英雄になる。
同じ殺人でも、時と場合により、
天と地の差が生じるのは不思議である。

集団で過ごす以上、個の尊厳を保つためにルールが必要だ。
このルール作りが、民主主義国家では手続きの正当性を必要とする。
頭ではわかっていても、確かに社会の動きを見るに、
同情の余地はありそうだ。

亡くなった元総理の人権と、宗教二世らの人権。
杓子定規に割り切れない思いが拭い去れない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ