Archive for 河野順一の雑感

18歳と81歳

面白い話題を見つけた。
毎週日曜日の夕方に放送されている、長寿番組の『笑点』。
その大喜利コーナーで出されたお題への回答だそうだ。
皆さん、うまいことをいう。

「・道路を暴走するのが18歳、逆走するのが81歳
・心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳
・偏差値が気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81歳
・受験戦争で戦っているのが18歳、アメリカと戦ったのが81歳
・恋に溺れるのが18歳、風呂で溺れるのが81歳
・まだ何も知らないのが18歳、もう何も覚えていないのが81歳
・東京オリンピックに出たいと思うのが18歳、東京オリンピック
まで生きたいと思うのが81歳
・自分探しの旅をしているのが18歳、出掛けたまま分からなくな
って皆が探しているのが81歳
・ドキドキが止まらないのが18歳、動悸が止まらないのが81歳
・恋で胸を詰まらせるのが18歳、餅で喉を詰まらせるのが81歳
・早く『二十歳』になりたいと思うのが18歳、できることなら『二
十歳』に戻りたいと思うのが81歳」

しかし、個人差をプラスマイナスしなければならない。
年齢で括るのは、愚の骨頂ではないか?

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

はじめまして!「NCオウル」です。

NC労務のマスコットキャラクターが決定しました。
「NCオウル」といいます。
知恵を象徴する、フクロウが、
衡平を意味する秤を持っています。

末永くかわいがってください。

NCオウル

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

五輪職員「死ぬほどサービス残業してる」 SNS投稿が物議、全労連も問題視→組織委の見解は

五輪職員「死ぬほどサービス残業してる」 SNS投稿が物議、全労連も問題視→組織委の見解は(J-CASTニュース)

開催されるかされないか…
微妙なラインで推移する五輪。
緊急事態宣言は、6月20日まで延長されるとする報道の中、
本来は昨年開催されるはずだったBigイベントの行方に否が応でも注目が集まる。
そうした中、バックヤードでは五輪職員死ぬほど働いている現実。
何のための五輪なのか。
良い悪いは別として、仮に死ぬほど働いても、
歴史に残るイベントに携わる達成感は半端ではないだろうが、
やるのかやらないのか、未だはっきりしないイベントに対して
モチベーションを高めろという方が土台無理だ。
招致合戦で勝利した日に、誰がこの事態を想定できただろうか。
進むも地獄、退くも地獄。
しかし降りかかった火の粉は、自分達で何とかしなければならない。
一寸先は闇。
頼りない首相と、ピンチヒッターの五輪組織委員会会長。
どう決着をつけるのか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

住友生命、女性管理職50%へ 25年度末、役員登用も

住友生命、女性管理職50%へ 25年度末、役員登用も(共同通信)

女性管理職比率、30%へ 多様性高める 大和証G社長(時事通信)

女性管理職登用への数値目標が示されている。
現状において、性別差で管理職登用に偏りがある証左である。
確かに、わが事務所でも、仕事ができると評価されるのは女性が圧倒的である。
男性優先で、女性だからとの理由で、
管理職に登用しない選択肢が誤っていると感じる。
会社にとって、収益をあげてくれれば、白い猫でも黒い猫でもいい。
ねずみがまるまる太るまで待って、
狩りをはじめようなどとする怠惰な猫はいらない。
そこのところは、明確に述べておく。

日本は、人の使い方について、まだまだ途上国だ。
フランス、パリ市では、女性の過多の登用が「男女平等に違反」と、
罰金を科せられたという事実があることからすれば一目瞭然だ。
女性管理職多過ぎで罰金 パリ市、「男女平等に違反」―仏(時事ドットコムニュース)

ただ、女性管理職登用への数値目標は良しとして、
次にトランスジェンダーの問題が浮上しそうだ。
こちらが立てば、こちらが立たない。
究極は、人物本位ということになる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

アミメニシキヘビ捜索15日目 アパート全域の天井や壁の捜索へ「目視確認できるすべての範囲を捜索する」

アミメニシキヘビ捜索15日目 アパート全域の天井や壁の捜索へ「目視確認できるすべての範囲を捜索する」(スポーツ報知)

蛇も必至だ。
命がけの逃走に躊躇はない。
生きているとしたならば、何かを捕食しているに違いない。
その何かが、家畜やペット、
引いては幼い子供などということにならないように厳重の注意が必要だ。
周辺住民は戦々恐々とされているに違いない。
その捜索も21日で打ち切られた。
安易に飼育していた飼い主の責任は重い。

投稿後、新たな記事…灯台下暗し
アミメニシキヘビを発見! アパートの屋根の骨組みに巻き付いていた(日刊スポーツ)

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

新垣結衣と星野源に「交際4年説」 貫いた“極秘愛”の舞台ウラ

新垣結衣と星野源に「交際4年説」 貫いた“極秘愛”の舞台ウラ(週刊女性PRIME)

結婚が大きく報道されているが、私はこの二人を知らない。
星野といえば、「星野仙一」の世代だ。
近頃、芸能関係のニュースで知っている人といえば、
訃報に名を連ねる人ばかり。
先日、亡くなったことが明らかになった田村正和は、私より少し上なだけだ。
77歳といえば、まだまだ若い。
しかしながら、仕事の一線から退くと、老いが加速するのかもしれない。
周囲の知人が一人、また一人と欠けていくことは寂しい限りだ。

ところで、最初の話題だが、
どうやら私はこの二人が主演したドラマのロケ地の一つである
旅館に泊まったことがあるようだ。
この宿の前身は、大川栄策の代表作である、「さざんかの宿」の舞台となったと聞く。
コロナ禍の今、どうなっていることだろうか…と心配したところ、
「“逃げ恥婚フィーバー” ロケ地旅館「宙SORA渡月荘金龍」に予約殺到」
ということだ。

私は、何かにつけて先端を行っているかもしれない…。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

朝乃山が休場 場所前のキャバクラ通い報道で虚偽報告 一時「事実無根」と否定も一転認める

朝乃山が休場 場所前のキャバクラ通い報道で虚偽報告 一時「事実無根」と否定も一転認める(スポーツ報知)

世間は、精一杯頑張っている人が好きだ。
嘘や、不正行為をする人忌み嫌う。
しかし、人間だから魔が差すこともある。
それが知れると、これまでコツコツ築いてきたものが瓦解する。
再度、同じ信頼を勝ち得るには、マイナスからのスタートだけに、
従前の二倍も三倍も努力が必要とされる。
慢心は慎むべきだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

日本の接種、世界100位以下 発展途上国の水準、欧米と

日本の接種、世界100位以下 発展途上国の水準、欧米と差(共同通信)

この数字は何を表すのか。
発展途上国の水準ということは、何を示しているのか。
戦後、高度成長期を経て、
我が国の国民は、自国のことを先進国と考えていたが、
実態はそうではなかったようだ。
世界同時で経験した未曽有の危機に、
真実の水準を目の当たりすることになってしまった。
どうやら、ワクチンに限ったことではなさそうだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

マクドナルド 売り上げ過去最高 巣ごもりでテイクアウト好調

【速報】マクドナルド 売り上げ過去最高 巣ごもりでテイクアウト好調(フジテレビ系(FNN))

同じ飲食店でも、コロナの影響を受け、
倒産する店もあれば、業績をのばす店もある。
異常な状態が常態化すると、社会のあちこちにひずみができる。
無常、常ならずである。
誰が悪いわけでもないが、現実逃避はできない。甘んじて受けなければならない。
社会が変わったのだから、これまでと同じで良いわけがない。
生きていくためには、新しいことにチャレンジしなければならない。

この夏、私はオンラインのセミナーに挑戦しようとしている。
この企画を持ってきてくれたのは、長年付き合いがある印刷会社だ。
紙媒体の需要が減る中、社の生き残りをかけて、
ウェブセミナーの企画、制作をする部門を立ち上げたという。
機械音痴の私は、これまでウェブなど関心がなかったが、
試す価値はあると考えている。
新しいことをしようとするときは、ワクワクする。
ピンチをチャンスに。
柔軟な考え方と、フットワークの軽さが身を助ける。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

滋賀の100歳女性、コロナ感染もV字回復「まだまだ生きる」

滋賀の100歳女性、コロナ感染もV字回復「まだまだ生きる」(毎日新聞)

写真の笑顔は、とても100歳には見えない。
ポジティブに過ごしている人は、若々しい。
精神と肉体のバランスが、長生きの秘訣なのだろう。
運がいい、運がいい。
日頃の生活習慣と、前向き思考がコロナを撃退した。
「まだまだ生きる」
こうした高齢者の話は、皆を勇気づける。
まだまだ、お元気で頑張っていただきたい方だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「大阪の死亡者はインドよりも多い」?

コロナで「大阪の死亡者はインドよりも多い」医師が「サンモニ」で伝える(デイリースポーツ)

弁護士の野村修也氏がサンモニの“大阪はインドよりひどい”に異論「ミスリーディング」(東スポWeb)

「大阪の死亡者はインドよりも多い」かそうでないか。
対立する意見。
はっきり言って、どちらが正しくても問題ではない。
人々がこれを見て、かなり大変な状況なんだ。
外出を自粛しなければならない。
と、意識してくれることが大切だ。
警鐘を鳴らすことが、あまりに過大であっては人の心に響かないが、
行動抑制する意味では、少しくらい脅かしをかけてもいいのではないか。
とにかく、先が見えない不安に人々がイライラしている。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

スプーンでの食事が精一杯、受刑者が受刑者を“老老介護”…刑務所が直面する「高齢化問題」

スプーンでの食事が精一杯、受刑者が受刑者を“老老介護”…刑務所が直面する「高齢化問題」(文春オンライン)

高齢化社会は、刑務所でも同じだ。
身寄りもなく、生活費に事欠く受刑者らは、
仮に塀の外にいたならば、過酷な状況にあったことと思う。
それを想うと、介助してくれる人がいる塀の中は、
皮肉なことに幸せということにならないか。
聞こえは悪いが、料金がかからない完全看護の高齢者施設といえそうだ。
しかし、本来の目的を果たさず、
高齢者の生活保護・支援という副次的な側面がクローズアップされる。
今後は、その副次的な点を利点と捉え、
少々の不自由と引き換えに、犯罪を犯す者も増えるのではないか。
そうだとしたならば、福祉のインフラが充足していないということになる。

当然のことながら、刑務所に従事する職員の負担は大きい。
刑務官と、介護施設の職員の一人二役をしなければならないからだ。
受刑者同士の老々介護は、ある意味致し方ないが、
刑務官の負担を軽減しないと、今後なり手がいなくなっていくことだろう。
高齢化社会に聖域はない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

池江璃花子“五輪辞退”求める声受け長文ツイート「選手個人に当てるのはとても苦しいです」

池江璃花子“五輪辞退”求める声受け長文ツイート「選手個人に当てるのはとても苦しいです」(J-CASTニュース)

未曽有の事態に心を痛めているのは、国民だけではない。
オリンピックの招致が決定したとき、
歓喜の声をあげたのはアスリートも同じだ。
4年に一度の大会に照準を合わせ、
本番で最高の実力が発揮できるよう、
心身の鍛錬に余念がないアスリートたち。
そこには裏方を知らない私たちの、想像を絶する労苦がある。
池江璃花子選手の場合は、それに加えて生命の危機を乗り越えて、
現場に復帰した奇跡の人だ。
その人に、これ以上の心労を与えてほしくない。
オリンピックの出場以前に、国民に大きな自信と、希望を与えてくれた彼女に
五輪辞退につき、「選手個人に当てるのはとても苦しいです」
などと言わせてはいけない。
配慮を欠いたツイートは、国民の恥だ。
言いたい気持ちもわからなくはないが、
大会開催に対する不満はけ口の相手は選手個人ではなく、「国」ではないのか。
私達は、絶望のどん底から奇跡の復活を果たし、
間違いなく、国民に多大な勇気を与えた池江選手を、
賞賛し、労わなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

がんとも闘い、82歳が大学院修了 全国の「紙すき唄」「酒造り唄」を訪ねて論文執筆

がんとも闘い、82歳が大学院修了 全国の「紙すき唄」「酒造り唄」を訪ねて論文執筆(京都新聞)

いくつになっても、向学心を持っている人は輝いている。
好きなこと、興味のあることを探求して、妥協しない。
そうした芯の強さがアンチエイジングに繋がり、ガンの進行も遅らせる。
老いも、病魔も、じたばたしたところで始まらない。
どんとこい。
受けて立とうではないか…の心意気が明日に繋がる。
目標をもって日々を過ごす。
周囲の雑音に振り回されず、我が道を行く。
人は人、自分は自分。
人が、自分の人生の責任を取ってくれるわけではない。
それゆえ、自分の思うままに人生を完結しなければならない。
生きるということは、輝いていなければ意味がない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

やはり政治が悪い、古い人は自ら退くべきーー忖度しない経済作家、高杉良が語る日本

やはり政治が悪い、古い人は自ら退くべきーー忖度しない経済作家、高杉良が語る日本(Yahoo!ニュース オリジナル 特集)

氏の著書は数多く読ませてもらった。
歯に衣着せぬ作風が小気味よい。
81歳の年齢は、少なからず、創作活動に影響を与える。
酷使してきた眼がコントロールできなくなるのは致し方ない。
しかし、さぞ無念だろう。
老いというのはそういうものだ。
私も、若い頃に比べると、いたる所にガタが来ている。
時間がない、あれもしなければ、これもしなければと焦る気持ちが押さえられない。
しかし焦ったところで仕方がない。
残存能力をフル活用して、残された時間を有意義に過ごさなければならない。

個性、教育は大事だ。
氏が描きたいと思う逸材が少なくなった現状は忌々しきことだ。
金子みすゞではないが、「みんな違ってみんないい」。
人の顔色を窺って、右へ倣えの人間は、もううんざりだ。
義理人情に薄く、礼を欠く人間の多さにも辟易している。
いずれにしても老兵は、ただ消え去るのではいけない。
これまで長きにわたり培ってきたノウハウを、
生涯現役の覚悟でしっかり後世に託したうえで、
世代間のバトンタッチとしたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村