Archive for 4月 2014

横浜宮崎選手の失策に思う

「謝れ!土下座しろ!」のヤジも…DeNAお粗末“草野球”プレー(スポニチ)

キヨシ「野球の世界にないボーンヘッド」(日刊スポーツ)

【フルマーク】ミスミス4連敗にファン興ざめ/阪神戦から(カナロコ)

これはひどい。
未見の方はスポーツニュースやネット上の動画などでご覧頂きたい。
横浜が最下位なのも納得できるプレーだ。
私自らノックバットを振るって横浜の守備を鍛えたくなるほどのひどさだ。
失敗した宮崎選手は即二軍落ちとのこと。猛練習を積むことで再起してもらいたい。

プロ野球は興業である以上、お金を払って観戦しに来ていただくファンにお見せできるレベルにない選手を起用してはいけない。
その観点からすると、このような選手を1軍昇格後即3番打者として起用した中畑清監督の責任も重大である。
横浜は3番打者にも事欠くほど打撃陣が貧弱ではないだろうに。
もっとも、監督だけではどうにもならないほど様々な面で重症なのが現在の横浜のチーム状態ではあるが…。
「貧すれば鈍する」のままではいけない。
現状の横浜を見る限り、緻密な戦略や戦術についての作戦立案ができるコーチはいないようである。
もちろん、中畑監督にもその能力がないことは明らかである。
チームに明るさと活気をもたらすなど、中畑監督の良い面は多くあるのだから、欠けている部分を補って前に進むべきだろう。
今からでも遅くはない、戦力の補強だけでなく、鋭い指摘と指導のできるコーチにも人材を求めるべきであろう。

土曜も学校

土曜も学校、再び 目指すは「学力世界トップ級」だけど(朝日新聞)

学力向上だけを考えるのなら、土曜日の授業を再開せずとも他に取るべき手段はいくらでもある。
週休二日制との整合性の問題はあるにせよ、土曜日に小中学校の授業を行うことは女性の労働力活用の見地などからも有効な手立てになろう。

岡崎今季14ゴール目

岡崎 今季14ゴール目!香川抜き日本人シーズン最多得点(スポニチ)

岡崎日本トップ「記録に残るのうれしい」(日刊スポーツ)

ワールドカップに向けて頼もしい限りだ。

富岡製糸場、世界文化遺産に

富岡製糸場、世界文化遺産へ ユネスコ諮問機関が勧告(朝日新聞)

日本の第一次産業革命の象徴的存在だけに、その意義を否定するつもりはないが、世界遺産というものをあまり増やし過ぎるのはいかがなものか。

河野順一と担々麺(1)

冷やし担々麺

炎の社労士は、麻婆豆腐だけでなく、坦々麺も愛する。
ここ「かつぎや」は事務所にも近く、行きつけである。
うまい坦々麺は、ゴマ味が濃く、濃厚だ。
冷やし坦々麺が既に出ていた。
季節が移ろうのは早い。
夏が来る。

☆☆☆☆

つづく

100円ラーメン、あす閉店

さらば愛情100円ラーメン 福岡・勝龍軒、あす閉店(朝日新聞)

また一つ、昭和が消えて行く。
閉店前にラーメンを味わってみたいものだが、さすがに100円のラーメンを食べるために数万円の航空機代を払うわけにもいかないのが残念だ。

河野順一と麻婆豆腐(3)

麻婆豆腐(雲林)

世間はゴールデンウィークだが、河野順一は今日も仕事である。
仕事の合間のひとときの麻婆豆腐が闘志にさらなる火を付けてくれる。
今日は、神田「雲林」の激辛麻婆豆腐を食した。
鷹の爪が丸ごと何本も入れられている麻婆豆腐に胃袋が燃えた。
さあ、午後も仕事だ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

つづく

参院選の「合区」案

参院選、22府県で「合区」座長案 格差1.83倍に(朝日新聞)

いわゆる「一票の格差」問題の解消策のニュースである。
投票価値の平等を追求すると、「合区」案を採用しないわけにはいかないだろう。
たとえば、島根と鳥取がそれぞれ1議席ずつ有して計2議席あったものが、「合区」によって1議席のみとなり、残り1議席は神奈川県などの大都市に振り分けられることになる。
この「合区」によって、小さな自治体は大きな自治体の中に飲み込まれて存在感を失うなどの反対意見もある。
しかし、一票の格差があまりに酷すぎるという一例を挙げるなら、2010年の参議院通常選挙での鳥取と神奈川県の格差は5倍もあった。
神奈川県民の選挙権の投票価値は鳥取県民の5分の1しかないということである。
参院選は衆議院総選挙よりも、一票の格差についてはゆるやかに解されている面もあるが、それにしても5倍の格差は異常である。
小さな自治体の存在感のために大都市住民の投票価値が5分の1にまで減殺されなければならない必要性も正当性も相当性も見出し難い。
選挙権は民主主義社会を支える基本であり、民主主義社会は自由と平等という価値があって初めて成り立つ。
やはり、一票の格差解消のためには「合区」を採用すべきだろう。
「合区」によって議席を失う、人口の少ない自治体の存在感・影響力の確保は、地方自治の活性化など別途考慮することで対応していくしかない。
地方自治の活性化のためには、道州制の導入など、日本社会のグランドデザイン自体を見直す必要があるだろう。

広島の快進撃

投打に勢い、広島貯金11 野村監督采配ズバリ(朝日新聞)
広島4連勝で3差、巨人突き放した(日刊スポーツ)
強さ本物!広島、巨倒で4連勝!!丸が走攻守で存在感(サンスポ)

広島風のお好み焼きを食べたくなった。

日本代表に入れたい選手

憲剛、カズ、宇佐美…ザックジャパンに入れたいこの選手(スポニチ)

先日、大久保嘉人選手の日本代表入りが成るか、という記事を書いたが、
日本代表に入れたい選手はと問われたら、私は迷いなく三浦知良選手の名を挙げる。
代表選手23人枠の1つを彼に使うだけの価値が、彼にはあると思う。

尖閣諸島について日米共同声明に明記

尖閣に対する一方的な行動に反対…共同声明明記(読売新聞)

当然のことを明記したに過ぎないが、中国軍部の冒険的な行動を抑止する効果は大きい。
武装漁民を尖閣に上陸させるなどの非正規戦への対応が課題として残る。

猫

街で見かけた猫。

吾輩は社会保険労務士である。
名前は河野順一。

おいしいピラニア

おいしいピラニアはいかが(時事通信)Yahoo!ニュース

「見た目は怖いが味は淡白でおいしい」そうである。
実際に目の前に供されたら貴方は食べる勇気があるだろうか?

個別労働紛争解決制度の解決金額

労働新聞の5月5日付記事によれば、個別労働紛争解決制度が取り扱った解雇事件の解決金額は100万円未満が大部分を占めるとのことだ。
これが裁判となると100万円以上の割合が7割超となるそうで、個別労働紛争解決制度と裁判制度とでは金額に格段の差がある。
都道府県労働局などのレベルで解決できる事案と、労働審判・裁判でなければ決着の付かない事案との差が金額で明確に現れたといえよう。

日米共同声明発表

日米共同声明発表 TPP妥結へ「道筋特定した」 一方で「なお作業残されている」(MSN産経ニュース)

とりあえず体裁は取り繕った、というところだろう。