Archive for 3月 2016

生活保護とパチンコ

パチンコで生活保護「停止・減額」撤回に反対の声9割 大分県の2市「巡回は続ける」(J-CASTニュース)

生活保護の受給者が、パチンコ。
やはり、疑問を感じる。
保護費は、どこから捻出されるのか。
血税が巡り巡って、保護費に充てられる。
生活が立ちいかないとして、公費を支給される保護費。
遊興費にあてがわれることに、少なからずの違和感を覚える。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

吹き矢麻酔効き池で溺れ死ぬ

<愛知岐阜県境>脱走シマウマ 吹き矢麻酔効き池で溺れ死ぬ(毎日新聞)

元来、馬は臆病な動物だ。
野生では、群れを成して暮らしている。
それを、たった一人で見知らぬ土地に連れてこられて、
びっくりして、不孝にして手に入れた自由は、
これもまた寂しいものだった。
広いゴルフ場を行けども、行けども、仲間は見つからない。
それどころか、大勢の人間に行く手を阻まれ、麻酔薬まで打たれ、
池で溺れて絶命した。
何とも後味の悪い幕切れである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

後手に回ったベルギーのテロ対策

ブリュッセルで連続爆発 後手に回ったベルギーのテロ対策 (THE PAGE )

また、痛ましい事件が起きた。
テロ組織に人生を捧げる人たちの大義はどこにあるのだろう。
子供のころに誘拐されて、
特殊な教育を受けた人間なのだろうか。
無差別殺人を繰り返すテロ組織に正義はない。
しかし、言ってわからない相手に対して、
どう接すればよいというのだろうか。
不安な緊張状態は、今後も続くことになるのだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

膨らむ「宇宙ホテル」

膨らむ「宇宙ホテル」、試験機打ち上げへ(読売新聞)

これだけ科学が発達していても、
未だ宇宙については謎が多い。
謎が多いから、その謎を解明すべく、
想像力がかきたてられる。
膨らむ「宇宙ホテル」は、コンパクトで持ち運びが便利である。
地球以外の場所が居住空間となる日も近いかもしれない。
この「ホテル」を応用すれば、防災にも使えるのではないか。
備蓄倉庫で、コンパクトに備蓄しておけば、
いざというときには、仮設住宅にも代用できそうだ。
想像しながら、新しいものを創造する仕事は、楽しみも大きいだろう。
人様の権利義務関係に携わる仕事をしていると、
こうした夢膨らむ仕事を、うらやましく感じることが少なくない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

硬直性に違和感

<防衛大学校>民間挑戦の男子 安保法論じぬ硬直性に違和感(毎日新聞)

価値観が多様化すると、
全体の波に乗ることだけが是とは言えなくなる。
過渡期の選択は、心苦しいものがあったに違いない。
しかし、人生はその人の物であり、
選択の責任は自分で負うものである。
それにしても、この国はどこへ向かうのであろう。
中国、韓国、北朝鮮、ロシア
隣接する国々との摩擦を感じない日はない。
頼みのアメリカも、
暴論を喧伝する大統領候補者が台頭すれば
日本の安全保障をどこへ求めたらいいのだろうか。
防衛大学校のエリート新卒が、
大勢の硬直性に違和感を覚え、任官したがらない中、
その他一般の国民は、どれだけ国防の下支えをすることができるのだろうかと
一抹の不安が払拭できない。
社会情勢は、過渡期に来ていることだけは確かである。
困った問題である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

全科目「秀」の快挙!

55歳「母」が短大を首席卒業 全科目「秀」 受験生の長男きっかけ(西日本新聞)

いくつになっても学ぶことを止めてはいけない。
人に眠る潜在能力は、顕在能力の比ではない。
まだ発揮できていないだけで、
実際には、隠されたすごい才能が眠っているのかもしれない。
生涯現役、一生勉強。
新しい発見は、いつも心躍る。
全科目「秀」の母に、拍手を送ろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

宅配ロボット

ドミノ・ピザ、宅配ロボットをNZで試験導入へ(AFP=時事)

また、人間の職場が一つ失われつつある。
雇用の場がどんどん無くなっていく。
ワークシェアリングで凌ぐにも限界がある。
誰にでもできる単純作業は、今後、
待遇に文句を言わないロボットに席巻されることは間違いない。
オリジナリティーを持たなければ…
理屈は分かるが、雇用につながるオリジナリティーとは何か。
そうすると、原始的な自給自足の生活にシフトするのが、
生きるための近道なのだろうか?
つくづく生きにくい時代になったものだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

ここ一番の大舞台で「楽しめる」

本田真凜初V「一番のフリー」フィギュア世界Jr.(日刊スポーツ )

14歳の少女が、また世界のヒノキ舞台に躍り出た。
大人顔負けの、堂々とした自信は、どこから生まれるのだろうか。
実に心強い。
ここ一番の大舞台で「楽しめる」というタフな神経は、
今後の彼女の競技人生に大きくプラスに影響するだろう。
活躍が楽しみな選手である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

ネットで中傷 容疑の男性を書類送検

「おじゃる丸」の声優、小西寛子さんをネットで中傷 容疑の男性を書類送検(産経新聞 )

悪質なネットにおける誹謗中傷は、
取締りを強化すべきである。
残念ながら、子供の社会だけでなく、大人社会にも
表現の自由が、自分にだけに、
しかも無制限に認められるなどと、
悪質極まりなく、誤まった認識を持つ人間が少なくない。
誰が見ても、過激な人身攻撃であり、誹謗中傷をする記事を掲載する者は、
同種事案を防止する意味でも、適正に処罰すべきである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「訳分からん」

琴勇輝「訳分からん」照ノ富士破り1横綱2大関食い(日刊スポーツ )

ついているときは、
とんとん拍子でさらなる快進撃が続くものだ。
勢いは大切だ。
その勢いに自信を持ち、
盤石な実力を蓄えてほしい。
経験に勝るものなし。
今後、益々の活躍を祈る。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

運送会社を監査 過労運転

広島トンネル事故、運送会社を監査 過労運転が複数回(朝日新聞デジタル)

またしても、ドライバーの過労が原因か。
運送会社の杜撰な実態が、また明らかになった。
たしかに、競業他社との争いの中で、
収益の捻出には並々ならぬ努力があるのだろう。
しかしながら、労働者に長時間労働をさせて、目先の利益を得たとしても、
そのしわ寄せに、大きな事故を誘発するのであれば、
元も子もない。
いや、むしろ会社の経営危機を招く。
軽井沢のスキーバス事故もそうだが、
自動車の運行業者に対して、
行政は営業許可のハードルを上げなければならないだろう。
業者任せの実態では、いつ誰が、
過労運転の犠牲にあってもおかしくない。
早急な対策を求む。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

危機管理体制の脆弱さ

渋滞列に次々追突…爆発音すぐに黒煙 広島トンネル事故(朝日新聞デジタル )

その昔、トンネル内の追突事故として世を震撼とさせた
東名高速道路の日本坂トンネル火災事故は、
7名の方の尊い命が失われ、
173台の自動車が焼失するという大火災を引き起こした。
調べてみたら、それは、昭和54年のことだった。
それから約40年。
どうして同種事案を防ぐことができないのか。
事故の教訓が生かし切れないのだろうか。
この国の、危機管理体制の脆弱さを思わずにはいられない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

蚊取り空気清浄機

シャープの蚊取り空気清浄機 どうやって蚊を捕まえるのか(THE PAGE )

これは画期的な商品だ。
空気清浄器と、香取線香が一体化するなど発想がいい。
蚊の多い国で実証された商品の逆輸入というのは、
何とも説得力がある。
1台5万円前後と、価格は高めの設定だが、
不快な夏を、少しでも快適に過ごすことができるのであれば
ヒット商品になるのではないか。
今年の夏は、この逸品を、ぜひ試してみたいものだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

亀田大毅氏の、しくじり先生

世界戦後の潜伏生活を告白「寝ないで韓流見ていた」/BOX(サンケイスポーツ)

亀田大毅氏の姿を久しぶりにTVの向こうに見た。
現役時代と比べ、おとなしやかな風貌になっていたことに驚いた。
兄弟の仲の良さと、教育熱心な父とのエピソードを爽やかに語る。
背伸びをして、派手な衣装に身を包み、常に挑発的な態度をしていた彼と、本当に同一人物かとわが目を疑った。
10年前、タイトルを獲得した当時が、17歳。
現在でも、未だ27歳の若者である。
過去の反省を踏まえ、彼には、まだまだすることがある。
時間もたくさんある。
人生は今日が本番。昨日まではリハーサル。
彼の、今後に活躍を期待したい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

屋外コンサート落雷死亡事故は誰の責任?

屋外コンサート落雷死亡事故は防げなかったか? エグザイル公演に出かけた娘落命 母の無念(アジアプレス・ネットワーク )

不幸な事故である。
何故自分の娘が、事故に遭遇しなければならなかったのか。
親御さんの無念な気持ちは計り知れない。
本件裁判は、コンサートの主催者側に
どこまでの安全配慮義務があったのかということになるのだろう。
感覚としては、主催者側に損害賠償を求めることは難しいように思う。
責任の範囲が広がりすぎると、
野外のイベントは縮小傾向に転じるのではないか。
帰責事由と保護事由のバランスの問題だ。
判決の行方が気になる事案である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村