Archive for 3月 2018

会場に悲鳴!3度転倒し号泣の五輪金、ザギトワの世界フィギュア5位敗因は?

THE PAGE)

うまくいく時ばかりではない。
晴れの日もあれば、雨の日もある。
清濁併せ吞む、気概も必要だ。
挫折を味わい、その挫折を克服するために、
反骨精神を次につなげてほしい。
人生すべからく勉強だ。
数多く挫折を味わい、それをバネにすればいい。
負けない方法を知る手掛かりにすればいい。
あなたは、まだ若い。
いろいろな経験の中から、より良い結果を導いてほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

“>花見の場所取り。新入社員に命じたらパワハラ?

花見の場所取り。新入社員に命じたらパワハラ?(ホウドウキョク)

まずは、弁護士の回答を得ずに、
自分で判断されてみるのがいい。
一般に、職務を命じられた本人が、
違和感を覚えければ、問題は起こらない。
勤務時を越えて、労働者の意に反して
職務範囲にないにもかかわらず、命じられれば…
それは問題。
コミニュケーションで何とかなるといった労務管理は、
今や昔の話なのだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

今井被告、「死刑」に身じろぎせず=直立し聞き入る―連続転落死

今井被告、「死刑」に身じろぎせず=直立し聞き入る―連続転落死(時事通信)

人の命を、粗末にする若者は、
介護の現場に身を置くべきではなかった。
主宰者の管理体制にも問題がある。
これから、高齢人口がどんどん増える中で、
頼れる施設が無いということになると、弱者の居場所がない。
それにしても、どんな罪を犯しても、反省が無ければ変わることはない。
死刑判決が下されたのに、
淡々としている…その神経自体が理解できない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

1日1時間以下は誤り=厚労省、裁量労働制の調査結果

1日1時間以下は誤り=厚労省、裁量労働制の調査結果(時事通信)

小手先の操作は、早晩露呈する。
改ざんが認められれば、
もちろん責任を追及されるし、
信用はなくなる。
そうした憂き目を見るのであれば、
当初から、なぜ正直に正々堂々出来なかったのだろうか。
信頼回復ができるのか、危うい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「求刑超え判決の例」

求刑

ウィキペディアで、「求刑」という言葉を調べてみた。
「求刑超え判決の例」があまた出てくる。
刑事事件も、山とあるのだと今更ながらに思う。
罰金刑の求刑から、懲役刑というのもあるとは驚きだ。
余程、被告に反省が無かったのだろう。
裁判官との相性もあるだろう。
応報刑は、被害者が納得いく量刑を出してほしいものだ。
被害者に復讐を禁じているのだから、そう願いたいものだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

<千葉県印西市>花火大会中止で損害賠償提訴へ

<千葉県印西市>花火大会中止で損害賠償提訴へ(毎日新聞)

どちらの言い分が正しいのか。
楽しみにしていた花火大会が開催されずに、
今か今かと待っていた市民が一番の被害者だ。
業者は花火大会の当日にぶっつけ本番ということはありえないだろう。
事前の下見をするだろし、打ち上げに不向きであれば、
主催者側と事前協議もするだろう。
いずれにしても、裁判という、儀式で判断が出るまでには、
相当な時間と費用がかかる。
判断が出たころには、人々の記憶は薄れていることだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

ネット人権侵犯、2000件超=85%が中傷など―法務省

ネット人権侵犯、2000件超=85%が中傷など―法務省(時事通信)

誹謗中傷が、犯罪だと気づかぬ人が多いようだ。
自分が誹謗中傷されたと感じると、とことん攻撃し、
自身が誹謗中傷することが正義だという大バカ者もいる。
これは、刑法犯として、司法がしっかり処罰していないことも背景にある。
刑事罰を与えるのに、犯罪者の人権が守られすぎているということだ。
類似事案防止のためにも、相応の刑が必要だ。
そして、どのような行為をしたら犯罪となるのか、
新聞などの報道機関で周知しなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

岡山駅前に群がる「特攻服」の中3 恒例化「ど派手に卒業祝いたい」

岡山駅前に群がる「特攻服」の中3 恒例化「ど派手に卒業祝いたい」(山陽新聞デジタル)

何が良いのか、大人には理解できない。
目立つなら、人の役に立つことで目立ってほしい。
荒れる成人式の低年齢化はいただけない。
こうした格好をすることに、親も、10万円も出してはいけない。
金は、もっと有効な使途があることを、大人は教えなければならない。
駅前の、桃太郎が泣く。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

豆腐、一部常温保存可能に

豆腐、一部常温保存可能に=規格基準を改正―厚労省(時事通信)

食品の概念が変わる。
長期保存は願うところだが、
添加物、栄養面からするとどうなのか。
世の中が、あまりに便利になると、
その弊害が気になる。
それを、杞憂と片づけられるのだろうか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

<どろろ>手塚治虫の名作が50年ぶりテレビアニメ化

<どろろ>手塚治虫の名作が50年ぶりテレビアニメ化 MAPPAが制作(まんたんウェブ)

懐かしい作品だ。
天才が残した遺産は、時代を超えて人々に愛される。
どのような仕上がりになるか、実に興味深い。
天才は、早く世を去りすぎた。
もう少し、こちらの世界で活躍してほしかった。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

相手の「詰み」気づかずに「投了」 勝利目前の神谷八段

相手の「詰み」気づかずに「投了」 勝利目前の神谷八段(朝日新聞デジタル)

思い込みは怖い。
本当は、勝っていたにもかかわらず、
負けたと思い込み、意思表示をしたから負けてしまった。
人生の重要な部分で、安易に負けを認めてはいけないということかもしれない。
しかし、100人が100人とも負けたと思うところで、
ただ一人自分が勝ったと主張しても、それは、単なる悪あがきに過ぎない。
潔さは、どのような場面でも求められる。
要はそのバランスである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

内閣支持率30.3%第二次安倍政権で最低

内閣支持率30.3%第二次安倍政権で最低(日本テレビ系(NNN))

人は権力の座に長いと横暴になるのか。
だからといって、誰が代われるのか。
プーチンも、政権の座に長い。
国民ファーストなら何ら問題はないが、
権力の座は、為政者の判断を曇らせる。

「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の かけたることもなしと思へば」
藤原道長

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

働き方法案修正へ 労働時間把握義務付け

<厚労省>働き方法案修正へ 労働時間把握義務付け(毎日新聞)

今後、国はどうしていこうとしているのか…
詳細を注視しなければならない…

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

成田緑夢が金メダル 兄・童夢の想い「パラリンピアンはもっと評価されるべき」

ハフポスト日本版)

「パラリンピアンはもっと評価されるべき」
同感だ。
語り部となってくれる、理解者の家族が有難い。
頑張って結果を出した選手は、もっと称賛されていい。
人ができない偉業を達成しているのだから。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

激増する「奨学金」で自己破産する人たち激増する

激増する「奨学金」で自己破産する人たち激増する(投信1)

何のための奨学金なのか。
大学などに進学し、専門性を習得して、
将来の就職に役立つはずの奨学金が、
自己破産の原因を作っているとは。
主客転倒もいいところだ。
大学を出ても、安定した職に就けるとは限らない。
いずれにしても、教育の機会は、平等にすべきだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村