Archive for 4月 2018

名古屋の病院事務員がはしかに感染 愛知で今月2人目 1人目の男性が受診していて接触か

名古屋の病院事務員がはしかに感染 愛知で今月2人目 1人目の男性が受診していて接触か(東海テレビ)

これもグローバル化が一因なのだろう。
沖縄で、外国人観光客から大流行につながった。
そして、今度は名古屋でも。
はしかは、過去の伝染病のような気がしていたが、
そうではないことがよくわかった…。
ゴールデンウィークを控え、人の移動が盛んになる時期。
はしかの流行が収まってくれればいい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

豪老犬お手柄、不明の3歳女児を一晩中守る

豪老犬お手柄、不明の3歳女児を一晩中守る 警察が表彰(AFP=時事)

本日、動物ネタの第2弾である。
犬の17歳といったら、人間ではいくつなのか。
犬種によっても異なるとは思うが、少なくとも80歳は超えているだろう。
目も耳も衰えた老犬が、家族のために大きな働きをした。
犬の恩返し…実に心温まる話である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

カラスに襲われていた子猫 救ってくれた犬を母と慕い、成長

カラスに襲われていた子猫 救ってくれた犬を母と慕い、成長(sippo)

わが子を、ただうるさいとの理由から、殺める親の話題が事欠かない。
そうした中、種を異にする動物が、
わが子同様に愛情を注ぐ。
こうした映像を見ると、人間より動物のほうが、
勝っているのではないかと、うがった見方をしてしまう。
命は尊い。
どのような命であっても、
今、この世に生を受けていることは、奇跡に近い。
こうした話題は、実に微笑ましい。
人間も動物に学んでほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

96歳メキシコ女性、念願かなって高校入学 夢は幼稚園の先生

96歳メキシコ女性、念願かなって高校入学 夢は幼稚園の先生(AFPBB News)

96歳で、高校入学。
その先に、幼稚園の先生になる夢があるとは…
いくつになっても、夢を持ち続けることは素晴らしい。
私など、彼女からすればまだまだ子供。
彼女の夢に負けぬよう、
息子の年齢と同年代いえそうな私は、
まだまだ大きな夢を持たなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

まさかの暑さ 花畑に“暗雲” GWには見頃終了?

まさかの暑さ 花畑に“暗雲” GWには見頃終了?( フジテレビ系(FNN))

気候が変わってきている。
まだ4月だというのに、何日も夏日を観測するとは…
花は、咲く時期を迷っている。
例年より、早く満開の時期を迎えている。
しかし、これも自然のなせる業。
管理者の思惑どうり、GWに満開の時期をぶつけることは難しい。
それにしても美しい花畑だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

霧島連山の硫黄山、250年ぶり噴火

霧島連山の硫黄山、250年ぶり噴火 警戒レベル3に(朝日新聞デジタル)

地球規模で、活動が活発化している。
山にとっては、ほんの一時の午睡の後の新たな動きが、
私たち人間にとっては、大きな意味を持つ。
いつもの山が、見せたことのない様相を呈する。
しかし、これが自然だ。
こうした自然と共生しているのが、私たち人間だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「春バテ」心身不調にご注意

「春バテ」心身不調にご注意 昼夜の寒暖差大きく(京都新聞)

「春バテ」?
これまで聞いたことが無い言葉だ。
春といえば、穏やかで、暖かいイメージが、
近時そうではない。
1日の寒暖差が激しく、
人々が、その高下に対応しきれないのだという。
私たちの身体は、自分たちが思う以上にデリケートなようである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

2018年 辞任、辞意を表明した人たち

2018年 辞任、辞意を表明した人たち(毎日新聞社)

2018年になって、3か月半しか経っていないが、
今年も多くの人が要職を辞している。
マスコミの追及が激化していることもその要因だが、
要人でありながら、人権感覚が希薄なケースが多い。
エリート街道を進んできた人が、わが世の春とばかりに、
世間の常識を欠いたケースがほとんどだ。
今日の二人も、何をかいわんやである。
智慧と徳を兼ね備えた人物は、意外と少なくいのかもしれない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

おかげさまで、『労働法 の 売れ筋ランキング 1位』獲得

「労働基準監督署があなたの会社を狙っている」が、
再び、アマゾンの『労働法 の 売れ筋ランキング 1位』を獲得しました。(平成30年4月18日10時50分現在)
厚く御礼申し上げます。

「Amazon 売れ筋ランキング: 本 – 815位 (本の売れ筋ランキングを見る) 1位 ─ 本 > 社会・政治 > 法律 > ビジネスの法律 > 労働法
4位 ─ 本 > ビジネス・経済 > 実践経営・リーダーシップ > 経営管理 > 総務・人事・労務管理 > 労働
8位 ─ 本 > 投資・金融・会社経営 > 会社経営」

相乗効果でしょうか、各地で開催のセミナーにも、新規受講者の方が急増中です。

一人でも、多くの皆様に拙著をお読みいただき、行政の職務権限の範囲に関心を持っていただきたいと思います。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

札付きのワル”だった男性、更生への転機 きっかけは一人の患者との出会い 今は医療現場で活躍

“札付きのワル”だった男性、更生への転機 きっかけは一人の患者との出会い 今は医療現場で活躍(西日本新聞)

いい話だ。
若いころ粋がってやんちゃしても、
今は落ち着くところに落ち着いて、人の役に立つ仕事をしている。
有名な進学校を卒業して、エリートコースを歩まなくても、
まともな生き方がある。
それに引き換え、エリートコースをまっしぐらの官僚が、
人間性の部分で負のレッテルを貼られ、
閑職に追いやられることが少なくない。
証拠を突きけられても、
巧みに言訳をして責任追及の包囲網からするりと抜けてしまう。
どちらの人生が充実しているのか。
大人になってから、周囲に迷惑をかけない人生がいいに決まっている。
人は支えあって生きていくものだから。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

川内優輝が劇的大逆転で31年ぶり日本人V 極寒も「私にとっては最高のコンディション」

川内優輝が劇的大逆転で31年ぶり日本人V 極寒も「私にとっては最高のコンディション」(デイリースポーツ)

川内選手は、異色のランナーだ。既存の枠にとらわれず、
自分のやり方で、
のびのび実力を蓄えているように受け止める。
ある意味天才だ。
東京オリンピックでの代表は望めないのか?
国民は待望している。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

「よく聞け。金を残して死ぬ者は下、仕事を残して死ぬ者は中、人を残して死ぬ者は上」…

「よく聞け。金を残して死ぬ者は下、仕事を残して死ぬ者は中、人を残して死ぬ者は上」…(PHP Online 衆知(歴史街道))

金を残してこの世を去れば、大切な人の間で、相続争いが起きる。
したがって、今際の際に、帳尻を合わせてこの世を去るのが理想だ。
仕事の功績を残してこの世を去れば、人々から賞賛されるだろう。
しかし、それは、何も残さないよりかは、
功績を残したほうが良いといったレベルである。
他方、自身が仕事で尽力したのちに、後継者にすべてを伝え、
育成した後、鬼籍に入るのが知恵者の最期にふさわしい。
端的によく言い得ている。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

解任されたFBI長官、トランプ氏は「マフィアのボス」

解任されたFBI長官、トランプ氏は「マフィアのボス」(朝日新聞デジタル)

国の指導者には、指導力のみならず、品格も求められるはずだ。
しかし、最近の指導者に、それを見つけることが難しい。
右を向いても、左を向いても、品格を感じる人が見当たらない。
そうした指導者を選べない国民は、不幸だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

精神疾患で人殺していいなら法律間違い

「精神疾患で人殺していいなら法律間違い」(日本テレビ系(NNN))

刑事裁判は、被害者感情に沿っているのか。
刑法は、復讐を禁じて、応報委の立場をとっているのだから、
遺族が持つ、加害者への処罰感情が伝わっていないとしたならば、
システムは機能していないといえる。
侍の時代、親の仇の果し合いは美徳とされ、合法的だった。
それを、近代においては、刑法の下に、
国家が復讐の手段を奪ったのであるから、
遺族のそうした憤懣やるかたない気持ちを、
国が代弁してくれなければ、辛いものがある。
加害者が、泣き寝入りしなければならない状況だけは、
阻止すべきだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

財務省・福田次官、政府・与党内から「続投は困難」との見方/財務省・福田次官、政府・与党内から「続投は困難」との見方

財務省・福田次官、政府・与党内から「続投は困難」との見方(TBS系(JNN))

官僚は、危機管理を感じていないのか。
今、財務省がどのような状況にあるのか理解していれば、
一般の感覚を持った人間は、このような言動に及ばないのではなかろうか。
典型的なエリートに、この種の場面で特例があるのだろうか、実に愚かである。
感覚がマヒしているとしか言いようがない。
こうした方々に、この国の行末を任せているかと思うと、末恐ろしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村