1万人に時差通勤導入

1万人に時差通勤導入=柔軟な働き方促進―セブン&アイ(時事通信)

大きな企業だからできる時間差かもしれないが、
まずは試行錯誤の段階である。
出勤時間に選択肢を設けることで、
時間外労働の時間が減るというのだから画期的だ。
まずは、効果がありそうなことからどんどん試してみる。
工夫して、導入できそうなところで合理的な時短ができることが一番だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.