精神疾患で人殺していいなら法律間違い

「精神疾患で人殺していいなら法律間違い」(日本テレビ系(NNN))

刑事裁判は、被害者感情に沿っているのか。
刑法は、復讐を禁じて、応報委の立場をとっているのだから、
遺族が持つ、加害者への処罰感情が伝わっていないとしたならば、
システムは機能していないといえる。
侍の時代、親の仇の果し合いは美徳とされ、合法的だった。
それを、近代においては、刑法の下に、
国家が復讐の手段を奪ったのであるから、
遺族のそうした憤懣やるかたない気持ちを、
国が代弁してくれなければ、辛いものがある。
加害者が、泣き寝入りしなければならない状況だけは、
阻止すべきだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.