「よく聞け。金を残して死ぬ者は下、仕事を残して死ぬ者は中、人を残して死ぬ者は上」…

「よく聞け。金を残して死ぬ者は下、仕事を残して死ぬ者は中、人を残して死ぬ者は上」…(PHP Online 衆知(歴史街道))

金を残してこの世を去れば、大切な人の間で、相続争いが起きる。
したがって、今際の際に、帳尻を合わせてこの世を去るのが理想だ。
仕事の功績を残してこの世を去れば、人々から賞賛されるだろう。
しかし、それは、何も残さないよりかは、
功績を残したほうが良いといったレベルである。
他方、自身が仕事で尽力したのちに、後継者にすべてを伝え、
育成した後、鬼籍に入るのが知恵者の最期にふさわしい。
端的によく言い得ている。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.