高校の「朝課外」揺れる現場 強制か選択か、賛否の声 在り方見直す学校も 福岡の県立高

高校の「朝課外」揺れる現場 強制か選択か、賛否の声 在り方見直す学校も 福岡の県立高校(西日本新聞)

もともとの趣旨は評価に値するとしても、
時代の変化と共にその必要性を検証すべきだ。
社会が多様化したのと同時に、
学生の職業選択肢も多様化した。
確かに最低限の学力習得は求められる。
しかし、大学進学だけがすべての人の人生の目的でもないし、
大学を出たからといって、高収入が約束されるわけではない。
職人として、大学に行かず、手に職を覚えたほうが幸せの人もある。
学生が個々其々に、
人生を謳歌する入り口を見つけられる教育であってほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.