公立校教諭が過労死 災害基金県支部 長時間労働と認定

公立校教諭が過労死 災害基金県支部 長時間労働と認定(北日本新聞)

子供の教育を預かる教師の長時間労働は、
教師の労働者としての観点からだけでなく、
未来を担う子を教育する立場の、
教師の、長時間労働ということで大きな問題だ。
まず、近い立場の先生が亡くなったということに、
子供がショックを受ける。
自身の仕事に一杯一杯の日常で、
子供らに、正しい指導ができるのか
人間形成に大きく関与する立場の教師が、
耳を貸す時間が少なかったという事実は、
親御さんにとって不安材料としか言いようがない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.