NZのアーダーン首相が女児出産、6週間の産休入り

NZのアーダーン首相が女児出産、6週間の産休入り(朝日新聞デジタル)

こうした話題が、世界を駆け巡るということは、
このケース自体が、稀有ということになる。
いつになったら、
首相が女性で、在任中に出産したことが、
ニュースにならない世の中は来るのか。
我が国においては、男女雇用機会均等法。
こうした法律ができても、セクハラは消えない、パワハラも同様だ。
そうした中で、首相の出産は私事かもしれないが、
多くの女性の励みになるのではないか。
これからの時代はこれでいい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.