プラスチックごみ問題

プラスチックごみ問題(APFニュース)

今、飲食関係のストロー廃止の問題でニュースがにぎわっている。
これは氷山の一角であり、本当に話し合わなければならないのは、
自然に戻らないごみ処理の問題である。
その一つに、プラスチックごみがあり、海洋汚染は深刻な問題と化している。
確かに見渡せば、私たちの日常は、プラスチックであふれかえっている。
軽い、安い、耐水性に優れる、
ペットボトルは、1日に何本かうことだろうか。
昼食の弁当も、プラスチックの容器に入っている。
市区町村の分別を守っていれば、大きな問題はないのかと思いきや、
中国ではこうした産業廃棄物の相当な量を、
これまで日本から輸入していたという。
しかし、その先の処理が困るのだろう。
この4月からは全面輸入禁止に、政策を転じたという。
私たちが出すプラスチックは、今後どこでリサイクルされるのか。
国民一人一人が、早急に向き合わなければならない問題だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.