「推薦強制された」PTA役員選び、押し付け合いの現実

「推薦強制された」PTA役員選び、押し付け合いの現実(朝日新聞デジタル)

少子化で、子供の数が少なくなった分、
PTAの役員が回ってくる回数が増えているのではないだろうか。
昔と違って、選挙主婦も少ない。
親と同居の世帯も少ない。
そうすると、PTAには、でき得る限り参加をしたくない…
の図式が出来上がるのも無理はない。
任意のはずが、いつしか強制になるというのは合点がいかない。
子供のために何とかしたいが、物理的に不可能なケースも多いのではないか。
同じような問題が、町内会でも少なからず聞かれる。
地域の関係が希薄になったり、家族の関係が変わった今、
役割を根本から見直さなければならないものを、勇気をもって直視すべきだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.