「アルバイトへのボーナス不支給は違法」、大阪医科大が一転敗訴 大阪高裁判決

「アルバイトへのボーナス不支給は違法」、大阪医科大が一転敗訴 大阪高裁判決(毎日新聞)

アルバイト、パートは、雇用の調整弁ではない。
同一労働、同一賃金に、差別はならない。
今後、アルバイト、パートの名称はなくなっていくのだろうか。
たしかに近時、人手不足で人材確保が難しい。
そうした意味では、中長期的な雇用のインセンティブは欠かせないため、
同一労働、同一賃金との関係において、
会社と労働者のニーズはマッチしているかもしれない。
働き方が変わる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.