廃墟マンション崩壊の危険 所有者と連絡取れず解体に苦慮

廃墟マンション崩壊の危険 所有者と連絡取れず解体に苦慮(京都新聞)

今後、この手の問題がどんどん増えそうだ。
相続がうまくいかず、廃墟状態の物件は少なくないと聞く。
解体には、費用が掛かる。
費用を負担する所有者が見つからない。
廃墟は、いつ倒壊するかわからず、危険極まりない。
致し方ないから自治体が、費用負担する…
しかし、これでは、いくら税金を徴収しても足りない時代が来る。
そうならない前に、何らかの形で、
その建物の解体費用をプールしなければ、
建築許可が下りない様な仕組みを、作らなければならない。
回避策を講じられるようになるまで、
この問題は、今しばらく物議を醸すところだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.