労働保険の電子申請、ラクにできることは、ラクにやったほうがいい

労働保険の電子申請、ラクにできることは、ラクにやったほうがいい

ご説、ご尤もである。
「ラクにできることは、ラクにやったほうがいい」
に決まっている。
しかし、社労士としては複雑だ。
これまでラクにできなかったから、社労士へのアウトソーシングの需要が見込めた。
誰もがラクにできてしまえば、社労士の出番が激減する。
だから私は30年以上前から、「1号・2号業務」だけではだめだと主張していた。
しかし、当時は、「それでいいんだ」という社労士が大半だった。
確かに、当時高齢で、跡継ぎもなく、
廃業が決まっていた人達はそれでもよかったかもしれないが、
やはりそうした時代になってしまった。
では、今、社会保険労務士に求められる能力はといえば、
問題解決能力である。つまり、クライアントの相談に、
法律を駆使して、如何に、
多くの問題解決の選択肢を提示できるかという能力である。
この能力は一朝一夕に身につくものではない。
常に問題意識を持ち、学習し、最新の情報を仕入れ、
問題を自分のこととして真剣に考え、実践していなければ、
身につくものではない。
しかし、始めるということに遅いことはない。
今日からが本番、昨日まではリハーサル。
大いに勉強してほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.