社労士の知恵 3

3.開業するまでの心の葛藤

 私は、初めから独立開業を目指してこの資格にチャレンジしたものですから、取得したらすぐ、いま勤めている職場を退職するはずでした。
しかし、なかなか退職に踏み切れませんでした。なぜか、独立して1人で果たして食べていけるのかという不安がありました。
サラリーマン生活では、月給という形で保証されています。これは魅力に満ちていました。しかし、独立開業することになれば、その保証がなくなります。
 このことは、やはり私にとっては相当のプレッシャーを感じさせました。
そればかりか、顧客の開拓はどのようにすればよいのか、あるいは報酬はどのようにして決めたらよいのか、
さらに独立開業すれば事務所の賃料はもちろん、電話代、電気代、コピー機、文具類など、ありとあらゆる経費を自分で稼がなければなりません。
いずれにしても、これらのことは、独立した人が必ず最初に味わう苦しみです。
したがって、私はこのような理由からなかなか退職に踏み切れなかったのです。(続く)

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.