社労士の知恵 9

9.偉人や成功者といわれる人は、皆失敗の連続から生まれている

失敗を恐れていては何もできません。これまでの多くの偉人や成功者は、失敗を何回もくり返してきた人たちです。
世の成功者で、失敗に言及しなかった人はまずいません。実業界で大成功をおさめた本田宗一郎氏は、こう語っています。
「私の現在が成功というなら、私の過去は、みんな失敗が土台づくりをしていることである。仕事は全部失敗の連続である」
失敗は成功の「もと」と言われるように、100回失敗すれば100回の成功の「もと」が得られるのです。
トーマス・エジソンが最初の電球を作るまでには、1万回の実験を重ねたといわれています。あるとき、エジソンの友人が彼にこう尋ねました。
「あなたは電球を作るまでに1万回も失敗したそうだね」
これに対してエジソンは答えました。
「いや、私は1回だって失敗したことはない。ただ、9999回のやり方を発見しただけだ」
ドイツの医学者P・エールリッヒは、梅毒のスピロヘータを殺すために、606回目にやっとその実験に成功したのです。
絶望と挫折の末、それを勝利に転じたアメリカの第16代大統領リンカーンは、実に15もの挫折を経験したのでした。
それでも強運を手にしたのは、失敗を失敗と考えなかったからです。
私たちは、2回や3回チャレンジして、そして結果が思わしくないと「これはもうダメだ」と思って、すぐほかのことに心を移してしまいます。
これがダメなら、これではどうだと、次から次へと新しいイメージをつくりだす、その努力が必要なのです。
私たちが2回や3回、いや5回、10回とチャレンジして、それを投げ出してしまっているようでは、何年かかっても成功するはずがありません。
エジソンやP・エールリッヒ、リンカーンのように、世に天才、偉人といわれた人たちだって、初めからあのような才能を発揮できなかったのです。
したがって、自分には才能がない、自分には自信がないから開業に踏み切れないというのは、やる気のない者のたわごとであり、一種の言い訳にすぎません。
それは踏み出せない理由にはなりません。
結局、いま紹介したエジソンしかり、P・エールリッヒしかり、このような多くの成功者、偉人はいくつものハンディを乗り越えて成功を勝ち得た人たちなのです。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.