社労士の知恵 10

10.思い込み(開業の不安)を捨てよう

 あれこれと頭のなかで考えるよりも、まず一歩踏み出しましょう。歩き出せば、自ずから道は見えてきます。
スタートしない者は決して成功者にはなりません。要は行動なのです。
 思い込みはあなたの可能性の芽を摘み取ります。
 「自分はたいした人間ではない」
 「自分は頭が悪いから」
 「自分は根性がないから」
などという言葉を私はよく耳にします。これは自分で自分の限界という壁を作っているのです。
 アメリカの経営者に、ポール・マイヤーという人がいます。彼の話のなかで面白い話があるので、紹介しておきましょう。
 「象は、1トンもある積荷をらくらくと持ち上げることができます。皆さんは子供のころ、サーカスを見に行ったことがあるでしょう。
あの巨大な動物が、小さな鉄の杭に重い鎖でつながれて静かに立っているのをご覧になったことがあるでしょう。象は大きくなっても、これを断ち切ることはできません。
それはなぜでしょうか。
象はまだ幼く、力もなかったころから、びくともしない鉄の杭に重い鎖でつながれているため、身体が大きくなっても、力が強くなっても、そばに杭がある限りどうしようもない、と信じこんでしまっているからです。
つまり『思い込みです』。大人の象なら、鎖など簡単に外してしまうものを、子供のころからの経験によって、大人の象になったいまでも『鎖は外れないもの』と勝手に思い込み、外そうとはしないからです」
 これを、これから開業しようとする人たちに置き換えてみますと、サーカスの象と同じようなことがいえるのではないでしょうか。
私たちはさまざまな古い考えや行動、古くからの習慣に縛られています。
このようなことから、自分で自分に課した制限(開業への不安)から、決して踏み外そうとはしないのです。
 せっかくの資格という最高最大の武器を与えられていながら、あなたの思い込みにより、その資格を活用できず持てる能力を発揮できないとすれば、それは「宝の持ち腐れ」になってしまいます。
 あなたはどうでしょうか。もし、このようなことがあなたの心のなかに巣くっているならば、それを縛りつけている杭を、根こそぎ引き抜いてください。
物事を常識的に、否定的な目でしか見ることができず、「私には何も才能がない」
「私には自信がない」などと思い込みで、あなたの将来を台無しにしないでください。
 いかに条件が悪くとも、また前途が暗たんとしていようとも、決して希望を捨ててはなりません。
絶えず積極的な心構えを持ち続ければ、必ず状況は好転し、あなたの願望はかなえられます。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.