社労士の知恵 12 その2

 どこの支店に行っても業績がナンバー1になる銀行員の話ですが、彼は毎朝6時半に銀行の前の商店街を1㎞にわたって掃除します。
そんな姿を見れば、だれだって感動するでしょう。ああ、あの人の銀行に預金しようと思うのです。
 名刺1つとってみても、そこに1行、自宅の電話番号を入れているような人は成功します。お客様も自宅にまでは電話をするようなことはありませんが、とても安心します。
その1行には、「困ったときはいつでも連絡してください」というサービス精神が込められているからです。
 いままでは、サービスというと値引きやおまけを意味していました。しかし、それは物が足りなかった時代のサービスです。
現代のように物が豊富な時代には、相手が困っていることを迅速に解決してあげることがサービスです。このサービス精神を忘れなければ、必ず成功します。
 有名なあるコンビニエンスストアは、当初朝7時に開店し、夜11時に閉店していました。でも、やっているうちに、経営者にはわかってきました。
いまお客様が求めているのは24時間年中無休の精神であると。いつでもどこでも手軽に入手できるという点で、このコンビニエンスストアは伸びていきました。
 努力もしないで自分を無能だなんて思ってはいけません。年中無休のサービス精神があれば、必ず勝ちます。(続く)

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.