社会保険労務士とユニオンに係る、弁護士法72条違反との一考察

月刊「社会保険労務士」の9月号と、10月号、
「会員の広場」をご覧になっただろうか。
私が寄稿した、
「社会保険労務士とユニオンに係る、弁護士法72条違反との一考察」
が掲載されていたものだが、憤懣やるかたない。
国の代理店である社労士連合会が、
ユニオンの問題点を論じることは問題なのだろうか。
国民の公益の観点から、ユニオンの問題点を語ることが公益なのか、
これは、会員の皆様の判断に委ねたい。
当論文は、「社会保険労務士」の職域を考えるうえでも有益であるはずだ。
熟読玩味の上、私たちは何をすべきか、真摯に考えてほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.