「社会保険労務士とユニオンに係る、弁護士法72条違反との一考察」2

今、何が問題か、
なぜそうした問題が発生するのか、
問題を解決するにはどうしたらよいのか。
私達の人生は、その行く手を塞ぐ、
問題解決の試練の連続であるといっても過言ではない。
我々の業界に直結した問題であり、我々を正当な業務から排除すべく、
論難を吹きかける者、自身が、72条違反の可能性が高い場合、
それを是正しようとするのは当然のことである。
その意味を深く考えず、長いものには巻かれろ式に、
言われるがままに、唯々諾々としている会と会員の様に諦観する。
しかし、これだけ大勢の会員が所属している会なのだから、
少しでも会の行末を真摯に考える会員がいるのではないか、
そうした一縷の望みから、そうした会員に働きかけるべく、
上梓したのが先の考察である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.