[ピアニスト 西川悟平さん]演奏時に手が硬直 医師に「一生弾けない」と言われ、死のうと…世界を変えたのは「7本の指」

[ピアニスト 西川悟平さん]演奏時に手が硬直 医師に「一生弾けない」と言われ、死のうと…世界を変えたのは「7本の指」(読売新聞(ヨミドクター))

パナソニックの宣伝に出演していた西川氏を知ったのは、2年ほど前だ。
世にも不思議な病気があるものだと思った。
他の生活は何の支障もなくできるのに、
ことピアノに向かうと、指が動かなくなる。
その苦しみは、なかなか周囲に理解されず、
練習を怠けたいがための詐病のように受け取られたこともあったようだ。
人の精神は、精緻で、私たちの理解をはるかに超えて繊細だ。
氏は言う。
7本の指で引く自分は、ピアノのテクニックでは、
10本指のピアニストに適わないが、
一音一音に魂を込めて弾くことには、負けずと劣らない…と。
深みがある氏の発する音色は、聞くものの心に深く染み入る。
特に、氏が再生のきっかけとなった、
プーランクの、「エディットピアフに捧ぐ」は、魂を揺さぶる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.