賃金請求権消滅時効 「当分の間」は3年に 原則5年へ延長も 

賃金請求権消滅時効 「当分の間」は3年に 原則5年へ延長も 

「改正民法により「使用人の給料」に関する
短期消滅時効が廃止されたことを踏まえて5年とするものの、
労基法上の記録保存期間に合わせて当分の間は3年とする。
改正法施行から5年経過後に検討を加え、必要があるときは見直しを図るとした。
年次有給休暇請求権については、現行の2年を維持する。」
…厚労省 労働政策審議会

民法の大改正に伴い、労働社会保険の関係も時効が変わる。
支払うべきものを適宜支払っていれば、恐れることはない。
しかし、悪意化ある労働者が退職して、会社に嫌がらせをする場合、
消滅時効の期間が伸びれば、請求額も高くなる…
と考えると、遵法精神を貫く会社でも、やはり他人ごとではない。
裁判は正義が勝つものと考えていたのは、昔のこと。
事実とそれを裏付ける証拠がなければ、主張はまかり通らない。
世の中周囲を見渡せば、理不尽なことばかりだが、
少々なことには目をつむらないと、日常生活が成り立っていかない。
大寒のこの時期に、世知辛さを感じる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.