「もう辞めたい」「患者よ、昼に通院して」 長時間労働の開業医が訴える「働き方改革」

「もう辞めたい」「患者よ、昼に通院して」 長時間労働の開業医が訴える「働き方改革」(弁護士ドットコム)

人々のライフスタイルの多様化にあわせ、
そのニーズに応えるべく、周辺の職業にも働き方の多様化が求められる。
医療機関もその一つである。
しかし、医師も人間であり、職業人の一人である。
人が人たるに値する、健康で文化的な生活が
保障されなければならないのは当然のこと。
せっかく、優秀な頭脳に恵まれ、多くの勉強をして医学部に入り、
難関の医師免許を取得したにもかかわらず、
その先に明るい展望がなかったとしたならば、
今後、医師のなり手が減るのではないか。
医師は社会にとって必要不可欠な職業である。
患者にとって最良の治療を施すことができるよう、
働き方改革は急務である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.