変わる「墓」の姿…ガラスボトルに遺骨 手元供養の需要増加

変わる「墓」の姿…ガラスボトルに遺骨 手元供養の需要増加(西日本新聞)

人の最期が、軽くなったのか、はたまた身近になったのか。
これまでの埋葬の形が、全く異なる形態に落ち着くのか。
近時、墓じまいや、散骨、樹木層など、
伝統的な人生の終焉が、多様化してきたのは事実だ。
家制度が、個人主義へ移行した表れでもある。
死んでしまえば、その後のことを推し量るべくもないが、
死後の在り方が指定でき、
それを遂行してくれる環境にあればベストかもしれない。
少なくとも、手元においてほしいと思ってくれる人がいる人は幸せだ。
孤独死の上、遺骨の引き取り手がない人も少なくない。
人とのつながりの中て、どう終焉を迎えられるか。
その人の、生き様の集大成である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.