JA女性従業員が7000万着服 25年間…「生活費にあてた」【愛媛・松前町】

JA女性従業員が7000万着服 25年間…「生活費にあてた」【愛媛・松前町】(テレビ愛媛)

誰が悪いのか。何に問題があったのか。
勿論、着服した人間が悪い。
しかし、悪い人間に、25年にも亘って、着服させる企業も悪い。
いくら人望が厚くとも、一人の人間に金銭を委ねてはいけない。
日々、社会が変わっていくように、
変わりゆく組織も、現実に目を向け、対処しなければならない。
25年も犯罪行為を継続しても、誰からも咎められないのであれば、
それは日常の常態である。
もはや、発覚するなどと、犯人は予想だにしなかったろう。
天網恢恢疎にして漏らさず。
晩節を汚すこの不祥事は、労働者にとっても、会社にとっても不幸だ。
誘惑を事前阻止する組織の体制づくりが求められる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.