豪シドニー、30年ぶりの豪雨で洪水 森林火災は鎮火

豪シドニー、30年ぶりの豪雨で洪水 森林火災は鎮火(CNN.co.jp)

年越しの、森林火災の鎮火は有難いことだ。
しかし、30年ぶりの豪雨で洪水が招いた置き土産、
というのは皮肉な結果だ。
今、地球全体が極端である。
自然の優しさを、年々感じられなくなってきている。
それは、人間社会の傲慢が招いた自然からの回答なのか。
温暖化対策は、早くから警鐘されていたが、
各国の身勝手な思惑がぶつかり合い、その必要性は感じつつも、
具体的な背策は一向に進展していない。
オーストラリアのみならず、全世界で異常気象が蔓延しているのだから、もういいかげん、
世界の誰かがリーダーシップをとらなければならないのは必然だ。
それを誰に委ねるか。
残念ながら、名が浮かばない。
若いリーダーの台頭を待ち望むしかないのだろうか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.