有働由美子アナ 勝浦市民、勝浦ホテル三日月に感謝「そのホスピタリティ 忘れない…」

有働由美子アナ 勝浦市民、勝浦ホテル三日月に感謝「そのホスピタリティ 忘れない…」(スポニチ)

未だ、新型ウィルスの肺炎が猛威を振るう中、
勝浦市の英断は、大一幕を終えた。
誰しも不安な、目に見えない敵を意識しながら、
行き場のない脱出者の受け入れに、老舗ホテルは早い段階で名乗りを上げた。
長期化する隔離状態に、精神面をサポートすべく、
勝浦市民は海岸に激励の文字を書き、竹筒の灯籠を配し
和太鼓まで打ち鳴らし、市民総出で折れそうな心を支えた。
なかなかできる事ではない。

しかも、勝浦市は、全国各地からいらなくなったひな人形を引き受け、
桃の節句の前の2月から、市中の各所でひなが飾られる、
ビッグひな祭りでも有名である。
何を隠そう、数年前、私もこのイベントを見たくて三日月ホテルに宿泊したことがある。
今年は、22日から開催の予定だそうだ。
ちなみに、同ホテルは、今月は休業し、
15日から政府の費用で約1週間かけて消毒をした後、
来月1日に営業を再開するとのこと。

今度は、勝浦市の英断を、私たちが賞賛する番だ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.