新型コロナは「働き方改革」の黒船、リモートワークで成果重視へ…労働者に厳しい面も

新型コロナは「働き方改革」の黒船、リモートワークで成果重視へ…労働者に厳しい面も(弁護士ドットコム)

このところ、新型コロナウィルス関連で、労務相談が多い。
時差出勤の件や、従業員がり患した場合の待機命令のことなど
企業は、かなり真剣に対策を考えている空気が伝わってくる。
たしかに、在宅勤務の重要性がクローズアップされた。
同じ状況下で、仕事が停滞する企業と、そうでない企業なら、
顧客は後者を選ぶに違いない。
機械が苦手だなどと言ってはいられないし、
初期の導入費用も、長い目で見れば必要な投資であるといえる。
これまで、導入に二の足を踏んでいた経営者がこぞって興味を示すことになりそうだ。
それは、前向きな改革に直結するが、
問題は目先の感染の問題である。
誰もが罹患する可能性があり、先が見えない。
経験したことがない恐怖は、いかんしがたい。
しかし、皆生活していかなければならないのであって、
とりあえず規則正しい生活を心掛け、免疫力を高めておくしかないだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.