「震災時に検察逃げた」 森法相が答弁を撤回、野党は辞任要求

「震災時に検察逃げた」 森法相が答弁を撤回、野党は辞任要求(時事通信)

法務大臣のこの発言に、何の意味があったのか。
何を伝えたくて、この発言をしたのか。
どうしてあの場で、この事実を公表したのか。
全くもって理解不能だ。
蛇足としか言いようがない。
その蛇足に足をすくわれ、政治生命を危うくするのではないか。
近時の政治家は、重みがない。その多くは、軽佻浮薄だ。
桜を見る会、マスク問題、ウグイス嬢問題、
追及する野党は、不倫問題…
国民の範ではなく、代表であるという矜持に欠けるといってよい。
人材が不足しすぎている。
末は博士か大臣か。
政治家が、人々の尊敬を集める職業でなくなってきたことは確かだ。
強いリーダーシップが取れる、本物の政治家の地位等を望まずにはいられない。
国政を憂う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.