【福島から伝えたい】「意地でも帰ってやる」町民以外の定住化計画

【福島から伝えたい】「意地でも帰ってやる」町民以外の定住化計画も(福島中央テレビ)

真新しい駅舎と、
9年前の震災そのままの廃墟のコントラストが、
見る人を複雑な思いにさせる。
震災前は、この地に人々が住み、日常生活が営まれていた。
しかしあの日を境に、この場所は帰宅困難地域に指定され、
人々は、避難先で新たな生活に落ち着きつつある。
ある程度の年齢の人には、生活の要件に、
安定が欠かせないのだろう。
他方、若者には、再生の期待がかかる。
自分の故郷を再生すべく、使命感を持つ方。
特徴のある街づくりを目指し、活気を取り戻したい町の職員。
復興予算が潤沢だとしても、人は集まってくれるのだろうか。
人々に使われない、立派な駅舎は無用の長物でしかない。
原子力政策への懐疑心は、なかなか拭い去れるものではないだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.