博報堂雇い止め訴訟 元嘱託社員の女性が勝訴 福岡地裁

博報堂雇い止め訴訟 元嘱託社員の女性が勝訴 福岡地裁(毎日新聞)

企業の労務相談に携わっていると、
中小企業の経営者は、労務管理を深く考えずに、
感情や損得勘定で、労働者を雇用しているケースが多いように思う。
後先を考えずに労務管理をしている企業側は確かに悪い。
他方、我が国の労働法制も、
労働者保護へ、過度に偏ったスタンスをとっているのではないか。
労働能力の極めて劣る労働者を雇ってしまった場合でも、
会社の方針にやたらとたてつく労働者も、
すぐに休んでしまう労働者も、
会社は簡単に切ることができない。
人を雇うということは、
そうしたリスクを覚悟しなければならないということでもある。
大企業は体力があるから比較的足したことがない案件でも、
中小企業にとっては死活問題だ。
生活の糧を就労に委ねる労働者と、経営の母体が脆弱な中小企業。
両者のバランスを如何に取るか。
そこが一番の問題である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.