企業の45%「残業減らず」 改革途上、110社調査

企業の45%「残業減らず」 改革途上、110社調査(共同通信)

笛吹けど踊らず。
長時間労働の解消は、試みとして正しい。
しかし、大企業ですら残業が減らない実態を踏まえ、
今後、中小企業はどうなるのだろうか。
実態として、飲食業、運輸業などでは法令遵守が難しいのではないか。
労働者を長時間働かせてはいけない。
理念では理解するものの、
現場サイドの実態と、理想の乖離がはなはだしい。
今と同じ営業時間で、長時間労働を解消するためには、
業務の繁忙に合わせて、シフトを組みなおす、新たに労働者を雇う等が考えられるが
そもそも人手不足であり、人員が確保できない。
他方、兼業副業はOK。
実にバランスを欠く。
制度が落ち着き、機能するようになるまでには、
まだまだ紆余曲折があることだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.